| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第1333夜 〔 You don't have to say you love me〕

[Dusty Springfield - You don't have to say you love me ](3)

1999年3月、59歳でこの世を去ったダスティ・スプリングフィールド。
「黒人の心を歌う白人ソウル・シンガー (White Lady of Soul( ソウルを持った白人 )」と評されたハスキーな声が魅力的であった。
ダスティ・スプリングフィールドは、「ザ・スプリングフィールズ」解散後の1963年にソロ・デビュー。「二人だけのデート」)が大ヒットとなり、当時のイギリスで圧倒的な人気を博した。
「この胸のときめきを」の原曲は1965年のサンレモ音楽祭参加曲で、ピノ・ドナッジオ(Pino Donaggio)が歌ってイタリアのチャート1位になったカンツォーネ「Io Che Non Vivo Senza Te」(私はあなたなしでは生きられない)。歌詞は「毎晩独りで淋しい、でもあなたはもっと悲しいはず、…僕を残して行かないで。…あなたなしでは生きてゆけない、あなたはわたしのもの…」といった情熱的な歌である。
スポンサーサイト
.10 2016 Dusty Springfield comment0 trackback0
 HOME 

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。