現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第69夜:今宵の一曲〔Aquarius / Let The Sunshine In 〕


〔Aquarius - Let The Sunshine In / The Fifth Dimension〕

非常に洗練され、かつポップなスタイルで人気を集めた男女混成の
黒人コーラス・グループ、The Fifth Dimension の最大のヒット曲。(邦題:輝く星座)
ロック・ミュージカル〔ヘアー〕のハイライト曲をまとめたもので
1969年4月~5月まで6週間にわたって第1位にランクされ
60年代最後の年の最大ヒットとなった。
スポンサーサイト
.29 2008 未分類 comment0 trackback0

第67夜:今宵の一曲〔Jeremy (Blue Balloon)〕



〔Jeremy (Blue Balloon)/Robby Benson〕1973年公開
Jeremy(Robby Benson)
Susan (Glynnis O'Connor)

I have a blue balloon , a happy tune
Love enough to last me all through the afternoon
I have the New York time and 14 dimes and
Expectations of the most profound nursery rhyme
# Before the rivers run dry Before the last say good-bye
Let's be kind to one another we can try
So don't just throw your love above It's not too late to find out
Before the sand has all run out of the hour glass

( Repeat # )
Too late to hide it now It's all around us now
Oh ! How I want you girl To lie beside me now
While there still this timeand now my balloon still rhyme
Let me love you now We can drink a cool , good wine
( Repeat # )
So don't just throw your love aboveYou and me had last find out
Before the sand has all run out of the hour-glass

さて、今宵は映画〔ジェレミー〕のメイン・テーマ曲である。
高校生の頃は学校をさぼって、よく映画館に通っていた。
少ない小遣いで見に行ったものだから選択には毎回悩んだ。
この〔ジェレミー〕の時も、当時、憧れていたのは髪の長い女子だったので
栗田ひろみ主演の〔放課後〕にするかと大いに悩んだ。

劇中のグリニス・オコーナーは素敵でしたね。
彼女の唄う〔ジェレミー〕もよかった。
私と彼女は、同年代、誕生日も1日違いで、かなり気になっていた。
今はどうしてるかな?元気だといいな!
.27 2008 Jeremy comment5 trackback0

第58夜:今宵の一曲〔The End Of The World 〕



〔The End Of The World /Skeeter Davis〕1963年

スキータ・デイビス(Skeeter Davis)1931年~2004年
ケンタッキー州ドライ・リッジ生まれ。本名はメアリー・フランシス・ペニック。
芸名の「スキータ」は地元の方言で「蚊(モスキート mosquito)」を意味する。
これは幼いとき彼女がちょこちょこ動き回りブンブンとうるさいというので祖母からつけられたあだ名。「デイビス」は高校時代,友人のベティ・ジャック・デイビスと「ザ・デイビス・シスターズ」を結成して以来の芸名。
1963年、この『この世の果てまで』がヒットし広くその名は世界中で知られるようになった。

Why does the sun go on shining
Why does the sea rush to shore
Don't they know it's the end of the world
'Cause you don't love me any more

Why do the birds go on singing
Why do the stars glow above
Don't they know it's the end of the world
It ended when I lost your love

I wake up in the morning and I wonder
Why everything's the same as it was
I can't understand, no, I can't understand
How life goes on the way it does

Why does my heart go on beating
Why do these eyes of mine cry
Don't they know it's the end of the world
It ended when you said goodbye

Why does my heart go on beating
Why do these eyes of mine cry
Don't they know it's the end of the world
It ended when you said goodbye
.16 2008 未分類 comment0 trackback0

第57夜:今宵の一曲〔If You Go Away 〕



〔If You Go Away /Dusty Springfield 〕 1968年
行かないで (ダスティ・スプリングフィールド)

私の過ごした多感な時期(60年代~70年代)には
傑作のポピュラー・ソング、ジャズが溢れていたように思う。
自宅にTVがくるのが遅かった為、ラジオが茶の間の主役であった。
その頃、ラジオからよく流れていたのがコニー・フランシスの「ヴァケーション」だった。
父親がいつも口ずさんでいたのを記憶している。
この〔行かないで〕もラジオから流れていて聴いていた。

If you go away on this summer day
Then you might as well take the sun away
All the birds that flew in the summer sky
When our love was new and our hearts were high
When the day was young and the night was long
And the moon stood still for the night bird's song

If you go away, if you go away, if you go away

But if you stay, I'll make you a day
Like no day has been or will be again
We'll sail on the sun, we'll ride on the rain
We'll talk to the trees and worship the wind
Then if you go, I'll understand
Leave me just enough love to hold in my hand

If you go away, If you go away, If you go away

But if you stay, I'll make you a night
Like no night has been or will be again
I'll sail on your smile, I'll ride on your touch
I'll talk to your eyes, that I love so much
Then if you go, I'll understand
Leave me just enough love to hold in my hand

If you go away, if you go away, if you go away

If you go away, as I know you must
There'll be nothing left in this world to trust
Just an empty room, full of empty space
Like the empty look I see on your face
Oh, I'd have been the shadow of your shadow
If it might have kept me by your side

If you go away, if you go away, if you go away
.15 2008 未分類 comment0 trackback0

第55夜:今宵の一曲〔Tie A Yellow Ribbon Round The Ole Oak Tree〕



〔Tie A Yellow Ribbon Round The Ole Oak Tree/dawn〕 1973年

3年間刑務所にいた男が妻に「まだ自分を愛しているのなら
故郷にある古い樫の木に黄色いリボンを結んで知らせてほしい」と
手紙を書いた。
ジョージア州ホワイト・オークの町の樫の木に近付いたとき、バスはスピードを落とした。
男は、樫の木に結ばれた100本もの黄色いリボンを見つけた。

実話を基にしたこの曲の、このエピソードは大変有名である。

I'm coming home. I've done my time.
Now I've got to know what is and isn't mine.
If you received my letter telling
you I'd soon be free,
Then you'll know just what to do
if you still want me,

If you still want me,
Oh, tie a yellow ribbon 'round the ole oak tree.
It's been three long years.
Do you still want me?
(Still want me?)
If I don't see a ribbon 'round the ole oak tree,
I'll stay on the bus,
Forget about us,
Put the blame on me,
If I don't see a yellow ribbon
'round the ole oak tree.

Bus driver, please look for me,
'Cause I couldn't bear to see what I might see.
I'm really still in prison, and my
love, she holds the key.
[ Find more Lyrics at www.mp3lyrics.org/aSF ]
A simple yellow ribbon's what I need to set me free.

I wrote and told her please,
Oh, tie a yellow ribbon 'round the ole oak tree.
It's been three long years.
Do you still want me?
(Still want me?)
If I don't see a ribbon 'round the ole oak tree,
I'll stay on the bus,
Forget about us,
Put the blame on me,
If I don't see a yellow ribbon
'round the ole oak tree.

Now the whole damn bus is cheering,
And I can't believe I see,
A hundred yellow ribbons 'round the ole oak tree.
I'm coming home, mm-hmm.
.13 2008 未分類 comment0 trackback0

第53夜:今宵の一曲 〔For the Peace of All Mankind〕


For the Peace of All Mankind / Albert Hammond

アルバート・ハモンド 1944年5月18日~
イギリス出身のシンガー・ソングライター
1970年代前半に大活躍し、1972年 「カリフォルニアの青い空」がアメリカで大ヒット。
表記の「落ち葉のコンチェルト」は、どうも日本でのみのヒットらしい。

私の父親は大変な音楽好きである。
私が子供の頃から、いろいろな音楽を聴かせてくれた。
ある時は、「お前を生んでくれた郷土の音楽を知らないのはいけない」と
郷土に伝わる民謡のレコードを聴かせたし、
当時、所属していた会社の社歌のテープを毎日のように聴いていた。
おかげで、私はいまでもその社歌を歌える。
そんな父親の影響か気質を受け継いだのか、私も音楽が欠かせない。
このところ、ちょっと思うところが有って70年代~の曲が気になっている。
主に中学・高校時代に接していた音楽を取り上げている。
.11 2008 未分類 comment0 trackback0

第52夜:今宵の一曲〔YOU´VE GOT A FRIEND〕



〔 YOU´VE GOT A FRIEND / CAROLE KING〕

キャロル・キング(Carole King, 1942年2月9日~ )
アメリカの女性シンガーソングライター・作曲家。
本名、キャロル・クライン(Carole Klein)。ニューヨーク市・ブルックリン生まれ、1958年に歌手デビュー。
1970年代に入ってからはシンガー・ソングライターとしての活動を本格的に開始。
1970年にファースト・ソロ・アルバム『ライター』を発表、翌1971年に発売された彼女のセカンド・ソロ・アルバム『つづれおり』( Tapestry )は、グラミー賞4部門制覇、全米アルバムチャートで15週連続1位、その後も302週連続でトップ100にとどまるロングセラーとなる。
現在もなお多くの人々に愛され、世界中で延べ2200万枚を超える驚異的なヒットを記録している歴史的名盤である。その中の1曲であるシングル「イッツ・トゥ・レイト」は1971年6月19日から5週連続全米No.1を獲得している(シングル年間チャートでは第3位)。同じアルバムから「きみの友だち」をジェームス・テイラーがカバーし同年7月31日にシングルチャートで№1を獲得している。その後もアルバム『ミュージック』『喜びにつつまれて』、シングル「ジャズマン」など順調にヒットを連発。彼女は1970年代前半から中期を代表するヒットメーカーの一人である。

When you're down and troubled
And you need some loving care
And nothing, nothing is going right
Close your eyes and think of me
And soon i will be there
To brighten up even your darkest night

You just call out my name
And you know wherever I am
I'll come running to see you again
Winter, spring, summer or fall
All you have to do is call
And I'll be there
You've got a friend

If the sky above you
Grows dark and full of clouds
And that old north wind begins to blow
Keep your head together
[ Find more Lyrics at www.mp3lyrics.org/Mx ]
And call my name out loud
Soon you'll hear me knocking at your door

You just call out my name
And you know wherever I am
I'll come running to see you again
Winter, spring, summer or fall
All you have to do is call
And I'll be there
Ain't it good to know that
you've got a friend

When people can be so cold
They'll hurt you and desert you
And take your soul if you let them
Oh, but don't you let them

You just call out my name
And you know wherever I am
I'll come running to see you again
Winter, spring, summer or fall
All you have to do is call
And I'll be there
You've got a friend
.10 2008 未分類 comment0 trackback0

第50夜:〔Lovers Cross 〕



Lovers Cross /Jim Croce

アメリカが生んだ最高のシンガー・ソングライター。
1973年9月、相棒の金髪ギタリスト、モーリー・ミューライゼンと共に
離陸に失敗した飛行機事故で帰らぬ人となって35年。
当時、高校生だった私はあなたのレコードを見つけたばかりでした。

Guess that it was bound to happen
Was just a matter of time
But now I've come to my decision
And it's one of the painful kind
'Cause now it seems that you wanted a martyr
Just a regular guy wouldn't do
But baby I can't hang upon no lover's cross for you

I really got to hand it to ya
'Cause girl you really tried
But for every time that we spent laughin'
There were two times that I cried
And you were tryin' to make me your martyr
[ Find more Lyrics at www.mp3lyrics.org/88n ]
And that's the one thing I just couldn't do
'Cause baby, I can't hang upon no
lover's cross for you

'Cause tables are meant for turnin'
And people are bound to change
And bridges are meant for burnin'
When the people and memories they join aren't the same

Still I hope that you can find
Another who can take what I could not
He'll have to be a super guy
Or maybe a super god
'Cause I never was much of a martyr before
And I ain't bout to start nothin' new
And baby, I can't hang upon no lover's cross for you
.09 2008 未分類 comment0 trackback0

第48夜:今宵の一枚 〔グレース・ダヴィッドソン〕

e0046190_20431785.jpg  e0046190_2111829_convert_20081106174637.jpg
〔グレース・ダヴィッドソン~ポートレート〕

ビンゲン: めでたし、気高き方
レーオ: 幸いなるかな女王
マンチーニ: Quanto dolce e quell'ardore
J.S.バッハ: 復活祭オラトリオより
ダウランド: 彼の金髪も時が銀色に変えてしまった
パーセル: メアリー女王の誕生日のためのオード《来たれ、汝ら芸術の子》より
コジェルフ: Sola digna tu fuisti
モーツァルト: モテット《踊れ、喜べ、幸いなる魂よ》 K.165
【演奏】
グレース・ダヴィッドソン(ソプラノ)
フィオーリ・ムジカーリ

スペインのグロッサ(Glossa)からリリースされている録音が高評価を集めている。
マイケル・ヌーン&アンサンブル・プラス・ウルトラの中心メンバーであり、
シックスティーン、テネブレ、モンテヴェルディ合唱団、ポリフォニー、イングリッシュ・コンソート、
エクス・カシドラといった世界に名立たる演奏団体でメンバー、ソリストとして
目覚しい活躍を見せるイギリスの古楽&バロック・シーンに現れた
美しき新星グレース・ダヴィッドソン。メトロノーム・レーベルから登場する初のソロ・アルバム。

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン、レーオ、マンチーニ、J.S.バッハ、ダウランド、パーセル、コジェルフ
最後がモーツアルト。
1枚で700年を駈けるという内容である。
グレース・ダヴィッドソンの透明感のある澄んだ歌声が素晴らしい!
.06 2008 未分類 comment0 trackback0

第47夜:今宵の一曲 〔オンブラ・マイ・フ〕

キャスリーンバトル
〔オンブラ・マイ・フ〕

■キャスリーン・バトル(ソプラノ)■ローレンス・スクロバクス(ピアノ)
■ナンシー・アレン(ハープ)■ダニエル・サウンダース(ピアノ
1. オンブラ・マイ・フ (ヘンデル)
2. 愛のよろこび (マルティーニ)
3. 夜と夢 (シューベルト)
4. なんときれいな髪の毛 (オブラドルス)
5. ポプラの林へ行ってきた (ロドリーゴ)
6. イン・トゥルティーナ (オルフ)
7. ヴィラネル (ベルリオーズ)
8. 夢にきませ (リスト)
9. ヴォカリーズ (ラフマニノフ)

ヘンデルの作曲したオペラ『セルセ』(Serse, Xerxes)第1幕第1場の中のアリア。
ペルシャ王セルセ(クセルクセス1世)によって歌われる。
暑い日差しを遮るプラタナスの大樹に感謝するアリア。
.04 2008 未分類 comment0 trackback0

第46夜:〔グイド・レーニ〕

マグダラのマリア ベアトリーチェ・チェンチ

左〔マグダラのマリア〕 1635 91 x 74 cm ウォルターズ・アート・ギャラリー

グイド・レーニ(Guido Reni ) 1575年-1642年
17世紀前半、バロック期のイタリアの画家。アンニーバレ・カラッチらによって創始された
ボローニャ派(ドメニキーノ、グェルチーノら)に属する画家でラファエロ風の
古典主義的な画風を特色とする。

1594年、地元ボローニャの画家一族であるカラッチ家が主宰する
画学校(アカデミア・デリ・インカミナーティ)に入門し、ルドヴィコ・カラッチに師事した。
優美な女性像を多く描いたレーニは、実生活では女嫌いだったと言われ、生涯独身を通した。
レーニは生前から「ラファエロの再来」と呼ばれ、
ゲーテによって「神のごとき天才」とまで激賞された画家である。

右〔ベアトリーチェ・チェンチの肖像〕 バルベリーニ絵画館は
父親殺しの罪で21歳で斬首刑に処せられた美女の絵であるが
グイド・レーニ作と考えられてきたが、エリザベッタ・シラーニ作ではないかという説もある。
.03 2008 未分類 comment0 trackback0

第45夜:〔コレッジョ〕

io.jpg danae.jpg
上)イオ Jupiter and Io (1531-32) 164 x 71 cm、美術史美術館、ウィーン
下)ダナエ Danaë ( 1531) 161 x 193 cm、ボルゲーゼ美術館、ローマ

コレッジョ(Antonio Allegri da Correggio) 1489年頃 - 1534年
本名はアントニオ・アッレグリで、パルマにルネサンスの一流派の基礎を築いたが
その生涯はあまり知られていない。
パルマ郊外の小さな町コレッジョで生まれ、そこで教育を受けた。
17歳の時に疫病の流行で家族とマントヴァへ移った。
この地でマンテーニャの作品を学び、ゴンザーガ家、後にイザベラ・デスタによって
収集された美術作品に触れた。
1514年、パルマに戻るとその才能が広く知れ渡るようになった。
名声と富には関心を払わず、36歳で生まれ故郷に隠棲した。

ラファエロの死後、「ラファエロの再来」とか呼ばれる名手は数多く出現しているが
その名に相応しいのは〔コレッジョ〕であろう。
コレッジョはマニエリスム、ロココ美術にまで影響を与えた偉大な画家である。
上)の〔イオ〕は彼の最高傑作で、古代ローマの天成の詩人オウィディウスの「変身物語」に
題材をとった。
美女イオの口の辺りの黒雲に変身したゼウスの顔が見える。
イオのなんと!艶かしいことか!
.01 2008 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。