現在の閲覧者数:

番外〔出師の表〕

出師の表
〔前出師の表〕
出師表は、太和元年(227年)に蜀漢の皇帝である劉禅に諸葛亮が捧げた文書である。単に出師表と言えばこの出師表を指すが、後出師表と区別するために、前出師表とも呼ばれる。古来、名文中の名文とされている。
自分を登用してくれた先帝劉備に対する恩義を述べ、あわせて若き皇帝である劉禅を我が子のように諭し、自らの報恩の決意を述べた文である。古来「諸葛孔明の出師の表を読みて涙を堕さざれば、その人、必ず不忠」(『箋解古文眞寶』の安子順の発言部分)と言われてきたほど、諸葛亮の蜀漢王朝に対する忠誠が如実にあられている。

 臣亮言う、先帝創業未だ半ばならざるに、中道に崩殂(ほうそー崩御に同じ)したまう。今、天下三分して益州疲弊せり。これ誠に危急存亡の秋なり。然れども侍衛の臣、内に懈(おこた)らず、忠志の士、身を外に忘るる者は蓋し先帝の殊遇(しゅぐうー特別のてあつい待遇)を追って、これを陛下に報いんとするものなり。誠に宜しく聖聴(せいちょうー天子の耳)を開張し、以て先帝の遣徳を光(かがや)かし、志士の気を恢弘(かいこうーひろめること)すべし。宣しく妄りに自ら菲薄(ひはくー才能や徳が乏しいこと)し、喩(たとえ)を引いて義を失い、以て忠諌(ちゅうかんーまごころからのいましめ)の路を塞ぐべからざるなり。
宮中・府中倶(とも)に一体為り。臧否(ぞうひ)を陟罰(ちょくばつ)するに宜しく異同あるべからず。若(も)し奸(かん)を作(な)し、科(とが)を犯し、及び忠善を為す者有らば、宣しく有司に付して、其の刑賞を論じ、以て陛下平明の治を昭(あきら)かにすべし。宜しく私に偏(かたよ)り、内外をして法を異にせしむべからざるなり。
 侍中・侍郎の郭攸之(かくゆうし)・費禕(ひい)・董允(とういん)等は、これ皆な良実、志慮忠純なり。是を以ちて先帝簡抜して以て陛下に遣(のこ)せり。愚、以為(おもえらく)宮中の事、事に大小無く、悉(ことごと)く以て之に咨(はか)り、然る後に施行せば、必ず能く闕漏(けつろう)を稗補(ひほ)し、広く益する所有るなり。
将軍の向寵(しょうちょう)は、性行淑均(しゅくきん)にして、軍事に暁暢(ぎょうちょう)す。昔日に試用せられ、先帝之を称して能と曰えり。是に衆議を以て寵を挙げて督(とく)と為す。愚、以為、営中の事は、事に大小無く、悉く以って之に咨れば、必ず能く行陣和睦させ、優劣をして所を得せしめんと。
 賢臣に親しみ小人を遠ざけしは、此れ先漢の興隆せし所以(ゆえん)なり。小人に親しみ賢臣を遠ざけしは、此れ後漢の傾頽(けいたい)せし所以なり。先帝在りし時、臣と此の事を論ずる毎(たび)に、未だ嘗(かつ)て桓霊に歎息痛恨せざることあらざりき。侍中・尚書・長史・参軍、此れ悉く貞亮(ていりょう)にして節に死するの臣なり。陛下之に親しみ、之を信ぜられたまえ。則ち漢室の隆(さかん)なるこ、日を計りて待つべきなり。
臣、本、布衣(ふい)にして、躬(みずか)ら南陽に耕し、荀くも性命を乱世に全うせんとして、聞達(ぶんたつ)を諸侯に求めず。先帝、臣の卑鄙(ひひ)なるを以てせず、猥りに自ら枉屈(おうくつー貴人が身を屈しへりくだって来訪すること)して三たび臣を草廬の中に顧み、臣に諮(はか)るに当世の事を以てす。是に由りて感激し、遂に先帝に許すに駆馳(くち)を以てす。後、傾覆(けいふくー国が覆ること)に値(あ)い、任を敗軍の際に受け、命を危難の間に奉ず。爾来二十有一年なり。
先帝、臣の謹慎なるを知りたまい、故に崩ずるに臨み臣に寄するに大事を以てせんとす。命を受けて以来、夙夜(しゅくや)憂歎(ゆうたん)し、託付の效あらずして、以て先帝の明を傷うことを恐る。故に五月、瀘を渡り深く不毛に入りしなり。今、南方已に定まれり。甲兵已に足る。当に三軍を奨帥(しょうそつーはげまし率いる)し、、北のかた中原を定むべし。庶(こいねが)わくば駑鈍(どどん)を竭(つく)し、姦凶(かんきょう)を壤除(じょうじょー攘除)し漢室を興復し旧都に還さんことを。此れ臣が先帝に報いて陛下に忠なる所以の職分なり。損益を斟酌し忠言を進め尽すに至りては、則ち攸之(ゆうし)・禕(い)・允(いん)の任なり。
願わくば陛下、臣に託するに討賊・興復の效を以てせよ。效あらずんば則ち臣の罪を治め、以て先帝の霊に告げ、若し興の言無くんば則ち攸之(ゆうし)・禕(い)・允(いん)等の咎を責め、以て其の慢を彰(あらわ)せ。陛下も亦た宣しく自ら謀り、以て善道を諮諏(ししゅ)し深く先帝の遣詔を追い、雅言を察納し深く先帝の遣詔を追うべし。 臣、恩を受くる感激に勝(た)えず。今、遠く離るるに当り、表するに臨みて涕泣し、言う所を知らず。
出典:風月庵だより
http://blog.goo.ne.jp/fugetu3483/e/26f61f0b36215ae84f414bb49ff372d8
.29 2009 未分類 comment0 trackback0

第382夜〔白いページの中に〕


〔白いページの中に/柴田まゆみ〕

「白いページの中に」は1987年第15回ヤマハポピュラーソングコンテスト(ポプコン)つま恋本選会入賞曲であり、同年8月25日にワーナーよりリリースされた(C/W「今日もどこかで」)。柴田まゆみは自作自演のこのシングルを1枚リリースしただけで、音楽シーンからは引退してしまうが、その後この「白いページの中に」は数多くのアーティストによって歌い継がれている。

■アルバムリリースに当たって-
「白いページの中に」でレコードデビューしてから、二十数年。
レコードからCDへと移行した事も、もう随分昔の出来事の様に感じられます。
一枚のレコードを出したきりで、その後は全く普通の生活を送ってきた私にとって、
今回のアルバムリリースのお話は、まさに"寝耳に水"でした。
元来、次々と曲が出来るタイプではなく、作品の数は少ないけれど、そのうちの
何曲かが今回こういう形で、皆さんに聴いて頂ける機会に恵まれた事に、
とても感謝しています。
アルバムにはデビュー当時の作品から20代30代と、その時々に
創った作品が収められていますので、年齢を問わずたくさんの方にぜひ聴いて頂きたいと思っています。
そしてこのアルバムを聴いて下さった皆さんの胸に、少しでも響くものを
届けられたら幸いです。                               
                                                  柴田まゆみ
.29 2009 未分類 comment0 trackback0

第380夜〔バット・ノット・フォー・ミー〕


〔But Not For Me/Chet Baker〕
作曲:ジョージ・ガーシュウィン、作詞:アイラ・ガーシュウィン。
ロシア系ユダヤ人。弟のジョージ・ガーシュウィンと共に、ポピュラー音楽・クラシック音楽の両面で活躍、20世紀を代表する数多くの名曲を残した。

トランペットとヴォーカル、ともに成功を収めたジャズ・ジャイアント。1929年米国オクラホマ州生まれ、88年没。
50年代前半に隆盛したウエスト・コースト・ジャズの中心人物として活躍。最初にトランペッターとして名を上げ、次いでヴォーカル・アルバム「チェット・ベイカー・シングス」(54年)が大ヒット。それ以来、ジャズ・シンガーとしても人気を博した。トランペットでは自己の美学を簡潔に表現、ヴォーカルでは中性的な甘い美声でファンを魅了した。50年代末からは麻薬に溺れ、破滅的な生き方をした。60年以降は欧州を拠点として活動し、88年にドキュメンタリー映画「レッツ・ゲット・ロスト」を撮影後、アムステルダムのホテルから謎の転落死を遂げた。
.27 2009 未分類 comment0 trackback0

第378夜〔ダニエル〕


〔Daniel / Elton John〕

「ダニエル(Daniel)」は、1973年に発表されたエルトン・ジョンのアルバム、「ピアニストを撃つな!(Don't Shoot Me I'm Only The Piano Player)」の収録曲。
タイトルとジャケットデザインはフランソワ・トリュフォー監督の1960年の映画『ピアニストを撃て』からインスパイアされたもの。騒がしい内容の映画になぞらえたわけではなかろうが、収録楽曲もポップセンスに溢れた楽しいものが多い。
クラシカルでストレートなロックを目指した代表曲「クロコダイル・ロック」、オーケストラがドラマチックな「罪人にあわれみを」など。「ダニエル」は兄弟愛を歌った名曲だが、実際は三番まである歌詞の二番までしか歌われていないため、後にエルトンがバイセクシャルと判明した後はゲイリヴの歌かと騒がれたこともある(三番には戦地からの兄弟の帰還というシーンがある)。
.25 2009 未分類 comment0 trackback0

第377夜〔恋のかけひき〕


〔DON'T PULL YOUR LOVE / HAMILTON, JOE FRANK & REYNOLDS〕

70年代初頭にアメリカの音楽シーンでヒットチャートの上位を独占した、元Tボーンズ~シャンゴのメンバーが組んだグループのデビュー作。スティーヴ・バリ制作によるパワフルかつポップな音は、ダンヒル・サウンドと呼ばれこの時代を象徴する音でもあった。タイトル曲は全米4位の大ヒット。彼らはのちにAOR畑でも活躍することになる。
.24 2009 未分類 comment0 trackback0

第375夜〔ダンシング・シスター〕


〔ダンシング・シスター/ノーランズ〕

『ダンシング・シスター』(I'm in the Mood for Dancing)は、ノーランズ(The Nolans)が1980年に発売した2枚目のシングル。
アイルランド出身の姉妹ボーカルグループ、ノーランズのセカンド・シングル。
もともとは79年発売のアルバム『ノーラン・シスターズ』に収められていた楽曲であり、本国、そしてアルバムがヒットしたイギリスと、商業展開を視野に入れた日本でのみシングルカットされた。タイトルの『ダンシング・シスター』は、日本版で独自に付けられた邦題である。
オリコンでは、約70万枚の大ヒットとなり、イギリスのシングルチャートでは最高3位を記録している。
.23 2009 未分類 comment0 trackback0

第373夜〔可愛い花〕


〔可愛い花 / ザ・ピーナッツ〕

姉 伊藤エミ・、妹 伊藤ユミ。ともに1941年4月1日、愛知県常滑市生まれ。
1959年2月11日、ザ・ピーナッツのデビュー曲である。元歌はフランスの歌の「Petite Fleur(小さな花)」である。
67年頃に曲調を変更した上で再録音されたバージョンも存在する。最晩年は「プティット・フルール」を連呼するなどかなりアレンジされたバージョンも存在していた。
二人が奏でるハーモニーとメロディは美しく温かく、抜群の歌唱力を持つ。ザ・ピーナッツ以降、数多くの双子歌手がデビューするが、ザ・ピーナッツ以上の音楽的才能を持った双子歌手は現れていない。今も数多くのファン及びザ・ピーナッツの現役時代を知らない世代を含めた各年齢層に、その歌声は愛され続けている。
.21 2009 未分類 comment0 trackback0

第372夜〔アンネ=ゾフィー・ムター〕


〔メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64〕
アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、指揮:クルト・マズア
メンデルスゾーン(1809-1847)生誕200年を機に、ヴァイオリンの女王ムターが遂にメンデルスゾーンの協奏曲を再録した。カラヤン&ベルリン・フィルとの旧録音は1980年9月、実に28年ぶりの再録となった。

1963年スイス・バーゼル近郊のラインフェルデンに生まれる。カール・フレッシュ門下のエルナ・ホーニヒベルガー、アイダ・シュトゥッキに師事。 1976年のルツェルン音楽祭のデビュー演奏会を聴いたカラヤンに認められ、翌77年のザルツブルグ聖霊降臨祭音楽祭のベルリンPO演奏会にソリストとして登場し大きな話題となった。
以後、88年8月のチィコフスキーのヴァイオリン協奏曲まで頻繁に録音を重ねた。
また、若い音楽家を支持する目的でアンネ・ゾフィー・ムター財団(本部・ミュンヘン)を設立、才能ある世界の弦楽器楽者たちに奨学金を支給するなど、精力的に活動している。
.20 2009 未分類 comment0 trackback0

第366夜〔She believe in me〕


〔She Believes In Me/Kenny Rogers〕

さあ!今宵は大好きなケニー・ロジャースを楽しもう!
この楽曲は、A/C 1979年/7月最高位5位を記録した。
Kenny Rogersのオフィシャルサイト:http://www.kennyrogers.net/
1.jpg

While she lays sleeping
I stay out late at night and play my songs
And sometimes all the nights can be so long
And it's good when I finally make it home, all alone
While she lays dreaming
I try to get undressed without the light
And quietly she says how was your night
And I come to her and say
It was all right, and I hold her tight

And she believes in me
I'll never know just what she sees in me
I told her someday if she was my girl
I could change the world
With my little songs, I was wrong
But she has faith in me
And so I go on trying faithfully
And who knows maybe on some special night
If my song is right
I can find a way

While she lays waiting
I stumble to the kitchen for a bite
And I see my old guitar in the night
Just waiting for me like a secret friend
And there's no end while she lays crying
I fumble with a melody or two
And I'm torn between the things that I should do
And she says to wake her up when I am through
God her love is true

And she believes in me
I'll never know just what she sees in me
I told her someday if she was my girl
I could change the world
With my little songs, I was wrong
But she has faith in me
And so I go on trying faithfully
And who knows maybe on some special night
If my song is right
I can find a way
While she waits
While she waits
For me

Buy the CD byKenny Rogers lyrics
from Amazon.Com
.14 2009 未分類 comment0 trackback0

第365夜〔素直になれなくて〕


〔Hard to Say I'm Sorry/Chicago〕

初期には政治的な歌詞を持つ曲が多かったが、徐々にその特徴は影を潜め、1976年にはラブ・バラードである「If You Leave Me Now(愛ある別れ)」が全米ナンバーワンになった。
その後、ギタリストのテリー・キャスの拳銃暴発事故(自動式拳銃の薬室に残った弾丸の誤発射)による死亡、プロデューサーであったガルシオへの解雇などによりグループの方向性は変化し、トム・ダウドプロデュースのアルバム「14」は商業的に失敗する。

しかし80年代に入ってフル・ムーン (WEA系) に移籍し、デイヴィッド・フォスターをプロデューサーに迎えて復活。以後は82年の「Hard to Say I'm Sorry(素直になれなくて)」(82年年間10位)、89年の「Look Away」(89年年間1位)など、ラブ・バラード路線のヒットを連発した。

いつもご覧頂き感謝いたします。
またまた、今週もランキング第1位(8/12)にランク・インです。
ランキングの事は気にせずにやっていこうと思っていましたが
やはり、多くの方に見て頂いているということは、正直大変嬉しいですし、励みになります。
どうぞ引き続きご愛顧のほど宜しくお願いします。
.13 2009 未分類 comment0 trackback0

第364夜〔踊り子〕


〔踊り子/村下孝蔵〕

村下 孝蔵 1953年~1999年6月24日)は、熊本県水俣市出身のシンガー・ソングライター。
1981年「春雨」、1982年に「ゆうこ」が話題となる。1983年に発売したヒット曲「初恋」は、三田寛子と田尾安志がCMでカバーして話題となった。続いて発売した「踊り子」、「少女」、「夢のつづき」も好評であった。
これらのヒットにより、英語を使わずに日本語を用いた丁寧な情景描写による歌詞と、旧来の歌謡曲と洋楽や日本のグループサウンズのメロディーを融合させた様な、繊細かつ親しみやすい曲調を奏でるシンガーソングライターとして認知される。
.12 2009 未分類 comment0 trackback0

第361夜〔いとしのレイラ〕


〔Layla/Derek & the Dominos〕

アメリカのバンド「デレク・アンド・ザ・ドミノス」のアルバム名およびタイトル曲である。
シングルはビルボード誌で、1972年8月5日に週間ランキング最高位の第10位を獲得。
ビルボード誌72年年間ランキングでは第84位。
ボーカルだったエリック・クラプトンが「クリーム」解散後の70年、「デレク・アンド・ザ・ドミノス」で出したアルバム『いとしのレイラ(原題:Layla and Other Assorted Love Songs)』のタイトル曲でありロック史に残る名曲。

序盤の有名なギターリフから始まり、情熱的で激しい演奏の前半とピアノを軸にした穏やかな演奏の終盤という対照的な2つのパートで構成されている。
.09 2009 未分類 comment0 trackback0

第360夜〔ハート悲しく〕


〔Hearts/Marty Balin〕

米国オハイオ州シンシナティ生まれ。1942年~
本名[Martyn Jerel Buchwald]でロックシンガー,ギタリストとして活動。
1960年代中盤からジェファーソン・エアプレイ、ジェファーソン・スターシップの
ヴォーカルで活躍してきたマーティ・バリンが、1981年にリリースした大ヒット曲。
男の集哀愁が漂う名作といえるだろう。
.08 2009 未分類 comment0 trackback0

第359夜〔バビロンの河〕


〔Rivers Of Babylon(バビロンの河)/Boney M〕

ボニーM(Boney M)はドイツ出身のディスコバンドである。1970年代~80年代に活動した。
76年から99年にかけて米国で4曲(トップ40内1曲)、英国で20曲がチャートイン。
英国で10曲(1位2曲)がトップ10ヒット。またドイツ(8曲)、カナダ(4曲)など多国で1位を記録。
代表曲に「サニー」「バビロンの河」など。ドイツのみならず世界各国でヒットを飛ばし、ベストアルバム『マジック・オブ・ボニーM』はミリオンヒットを記録した。
日本では70年代末のディスコブームに乗って、「怪僧ラスプーチン」が大ヒットした。
.08 2009 未分類 comment1 trackback0

第357夜〔涙そうそう〕


〔涙そうそう/森山良子〕

森山良子が、ライブで共演したBEGINと意気投合し、沖縄の曲を依頼した。
BEGINから送られたデモテープのタイトルに書いてあった「涙そうそう」は沖縄の言葉で「涙がぽろぽろこぼれ落ちる」という意味であると聞き、森山が若くしてこの世を去った兄を想う歌詞をつけた。
.06 2009 未分類 comment0 trackback0

第356夜〔スターゲイト SG-1〕


『スターゲイト SG-1』( Stargate SG-1)は、1997年から2007年にかけてアメリカで制作されたSFテレビドラマ(海外ドラマ)。1994年に公開された映画「スターゲイト」をベースに作られており、本国では最終シーズンであるシーズン10が終了した。また、ギネスブックにも世界最長SFドラマとして記載されている。日本ではAXNで放映されている。
TV製作されるにあたり、映画の続きということから、ジャック・オニール大佐とダニエル・ジャクソン博士という、2人の主人公はそのまま引継がれた。
映画版のジャック・オニール大佐はカート・ラッセルが演じたが、テレビ版では『冒険野郎マクガイバー』のヒットで一躍テレビスターとなったリチャード・ディーン・アンダーソンが演じることとなった。またダニエル・ジャクソン博士はジェームズ・スペイダーが演じていたが、テレビ版ではマイケル・シャンクスが演じることになった。
〔ストーリー〕
映画版(アビドース作戦)より1年後、封印され米空軍の厳重な監視下に置かれていたスターゲイトが突如動き出す。武装した異星人が現れスターゲイト基地 (SGC)を襲い、監視していた兵士達の内女性はさらわれ他の者は殺されてしまう。基地の指揮官ハモンド将軍により、退役していたジャック・オニール大佐は再びSG基地へと呼び出され、物理学者でもあるサマンサ・カーター大尉らと共に再びゲイトをくぐるのであった。オニール大佐ら一行はゲイトの先でダニエル・ジャクソン博士と再会し、スターゲイトが広大な宇宙の様々な星々に存在し、それらが巨大なネットワークを構築している事を知る。そして、支配者は太陽神ラーだけでなく、闇を支配する邪神アポフィス、ハトル(ハトホル)などといったエジプト神話の神々やギリシャ神話のクロノス等他、様々な古代神話の神々を名乗る異星人が存在することを知る。ジャック・オニール大佐、ダニエル・ジャクソン博士、サマンサ・カーター大尉そして異星人ティルクらはスターゲイトを使い他の惑星に住む人々との交流を広げつつ、宇宙の支配者の地位を狙う異星人との戦いを繰り広げる。
.05 2009 未分類 comment0 trackback0

第355夜〔小さな願い〕


〔I Say a Little Prayer(小さな願い)/Aretha Franklin〕

アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)1942年~ アメリカの女性ソウル歌手。
ソウル歌手の中でも、サム・クックと共にひときわゴスペル・フィーリングの強い歌唱を持ち味としており
“クイーン・オブ・ソウル”あるいは“レディ・ソウル”の異名を持つ。

1960年代後半の作品群が特に有名で、オーティス・レディングと共にサザン・ソウルの隆盛に寄与した。87年に女性としては初めてロックの殿堂入りを果たした。
67年にレディングが飛行機の墜落により死去したことがきっかけで飛行機恐怖症になり、海外公演を行わなくなった。
.05 2009 未分類 comment0 trackback0

第354夜〔空よ〕


〔空よ/トワ・エ・モア〕
■作詞・作曲:難波寛臣
「空よ」は、視聴者からオリジナル曲(作詞・作曲)を公募し優れたものをプロの歌手による歌唱で発表する、NHK総合テレビの番組『あなたのメロディー』から生まれた。

1969年にスクールメイツのメンバーだった山室英美子と、歌手志望だった芥川澄夫の二人で結成。
渡辺プロダクション(現ワタナベエンターテインメント)より、『或る日突然』(東芝音楽工業/69年5月10日発売)でデビューしこれが大ヒットとなる。
以後、日本放送協会の「あなたのメロディー」から生まれた『空よ』、72年の札幌オリンピック のテーマ曲である『虹と雪のバラード』、『誰もいない海』『初恋の人に似ている』『地球は回るよ』『愛の泉』など数多くのヒット曲を出し、60年代後半から70年代前半にかけて流行した和製ラウンジ系POPの先駆けとなった。
.04 2009 未分類 comment0 trackback0

第353夜〔17歳の頃〕


〔At seventeen(17歳の頃) /Janis Ian〕

ジャニス・イアン (Janis Ian) 1951年~
アメリカ・ニューヨーク州出身のシンガーソングライター。東欧ユダヤ系出身。
早熟な天才少女は17歳にして結婚。結局は破局するものの、その経験を歌にしたのが「At seventeen(17歳の頃)」(74年)である。この曲は大ヒットを記録しグラミー賞を獲得、彼女の出世作となった。フォークを基調にポップスやジャズなどのテイストを織り交ぜ、若くして得たさまざまな経験を投影した作風は支持された。70年代を代表する名曲である。

いつも御覧頂き有難うございます。
本日、にほんブログ村”ポップス”音楽ランキングで初の第1位になりました。
これも皆様のご愛顧の賜物と深く深く感謝申し上げます。
.03 2009 未分類 comment0 trackback0

第352夜〔風立ちぬ〕


〔Ride Like The Wind(風立ちぬ)/Christopher Cross〕

1980年に、デビュー・アルバム『Christopher Cross(南から来た男)』と『Sailing(セイリング)』のシングルがグラミー賞の5部門を独占。
また、翌81年『ニューヨーク・シティ・セレナーデ Arthur's Theme (Best That You Can Do)』でアカデミー歌曲賞している。
今宵聴く『Ride Like The Wind(風立ちぬ)』は、80年/4月に全米2位を記録したヒット曲である。
.02 2009 未分類 comment0 trackback0

第351夜〔Smoke Gets In Your Eyes〕


〔Smoke Gets In Your Eyes/The Platters〕

プラターズ(The Platters)はアメリカのコーラス・グループ。1990年にロックの殿堂入り。
1953年にハーブ・リードを中心に結成。やがて作曲家のバック・ラムに見出され、リードシンガーとしてトニー・ウィリアムス、女性メンバーのゾーラ・テイラーを加えて本格的に活動を始める。マーキュリー・レコードと契約後の1955年、「オンリー・ユー」が大ヒット。R&Bチャートでは7週連続1位を記録する。続く「グレート・プリテンダー」は全米ポップチャートでも1位となり、その後も「トワイライト・タイム」、「煙が目にしみる」など数々のヒットを飛ばした。
.01 2009 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

未分類 (965)
クリフォード・ブラウン (1)
Wham! (1)
キャロル・キング (1)
Doris Day (6)
Colbie Caillat (1)
DANY BRILLANT (1)
Carpenters (2)
Liz Mitchell of Boney M (1)
ABBA (2)
Eartha Kitt (1)
ルイス・ミゲル(Luis Miguel) (1)
倍賞 千恵子 (1)
Chet Baker (0)
The Platters (2)
Jerry Wallace (1)
The Stylistics (1)
The Paris Sisters (1)
Jan & Dean (1)
Bee Gees (1)
Boys Town Gang (1)
Wagner (1)
David Garrett (1)
Herb Alpert (1)
Boz Scaggs (1)
Luther Vandross&Mariah Carey (1)
Lara's Theme (1)
Vicky Leandros (1)
Exsultate, julbilate K165 (1)
CCR (1)
Love Unlimited Orchestra (1)
Julia Lezhneva (ユリア・レージネヴァ) (1)
Jeremy (2)
ティーネ・ティング・ヘルセット (0)
マイケル・フランクス (1)
ジョルジュ・ムスタキ (0)
屋根の上のバイオリン弾き (1)
Cecilio and Kapono (1)
Matt Monro (1)
Kalapana (1)
Monkees (1)
Neil Sedaka (1)
Jose Feliciano (1)
Eric Carmen (1)
Procol Harum (1)
Pinky & Fellas (1)
Nilsson (1)
Gilbert O'Sullivan (2)
The Beach Boys (1)
Carole King & James Taylor (1)
Captain & Tennille (1)
Brian Stokes Mitchell (1)
Tony Orlando & Dawn (1)
The Animals (1)
The Mamas & The Papas (1)
Bobby Vinton (1)
Amanda Seyfried (1)
Laura Fygi (1)
David Gates (1)
Bread (1)
The Village Stompers (1)
Charlene (1)
The Bee Gees (1)
Cliff Richard (1)
Luis Miguel (1)
Sergio Mendes & Brasil 66 (1)
Dusty Springfield (1)
Air Supply (1)
Bill LaBounty (1)
昭和の海外TVドラマ (3)
自己紹介 (1)
The Paris Sisters (1)
The Andrews Sisters (0)
Shelley Fabares (0)

月別アーカイブ