現在の閲覧者数:

第723夜〔ウィンター・ワンダーランド 〕

〔Winter Wonderland / Amy Grant〕

Amy Lee Grant  1960年11月 オーガスタ生まれ
米国のコンテンポラリー・クリスチャン音楽やポピュラー・ソングでの最高の歌手一人である。
16歳でレコード会社と契約し、17歳のときにファースト・アルバムをリリースする。
1982年に発表の「Age to Age」では、クリスチャン・ミュージックとしては異例の100万枚のセールスを記録し
翌年のグラミー賞最優秀コンテンポラリー・アルバムに選ばれる。

一年で最も心躍る時、そう!クリスマスが間もなくやって来る。
そんな日は、「エイミー・グラント」の華やかな歌声を聴きたい。
.29 2010 未分類 comment0 trackback0

第721夜〔夢想花〕

〔夢想花 / 円 広志〕

円 広志 1953年~ 日本のシンガーソングライター、タレント、作曲家。
ヤマハ音楽振興会主催のポプコン出身で、1978年に『夢想花』で歌手デビュー。同曲は80万枚の大ヒットとなり、一躍有名となるものの、その後のヒット曲に恵まれず、歌手としてはいわゆる一発屋とされている。
作曲家としては、森昌子、中村雅俊、山本譲二等に曲を提供している。
.27 2010 未分類 comment0 trackback0

第720夜〔抱きしめたい〕

〔The Beatles / I Want to Hold Your Hand〕

「抱きしめたい」("I Want To Hold Your Hand")は、1963年11月にビートルズが発表した5枚目のオリジナル・シングル曲である。初期の代表作とされ、ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では16位にランクされている。
『ビルボード』(Billboard)誌では、1964年2月1日に週間ランキング第1位を獲得。『ビルボード』誌1964年年間ランキングでも第1位。また、『キャッシュボックス』誌では、8週連続第1位を記録し、年間でも第1位となっている。前作のシングル「シー・ラヴズ・ユー」と共に、彼らの人気を決定づけた曲でもある。アメリカだけでも500万枚以上のセールスを記録し、全世界では1,200万枚をセールス。世界歴代シングル売上第5位(ギネス・ワールド・レコーズ認定による)。
.25 2010 未分類 comment0 trackback0

第719夜〔聖母マリアの夕べの祈り〕

〔Monteverdi/ Vespers of 1610, Sancta Maria〕
Claudio Monteverdi(1567-1643)
クラウディオ・モンテヴェルディ/聖母マリアの夕べの祈り
第11曲 Sonata sopra “Sancta Maria, ora pro nobis”
ソナタ「聖マリアよ,私たちのために祈ってください」

モンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り (Vespro della Beata Vergina)」は
バロック初期の宗教音楽の傑作。バッハ以前の最高にして最大の作品。
マリア披昇天祭の祝日の聖務日課(教会の日常のお務め)中の、晩歌(夕べの祈り)として作曲された。
.24 2010 未分類 comment0 trackback0

第718夜〔行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って〕

〔Verdi / Nabucco - Va Pensiero 〕

『歌劇:ナブッコ』(Nabucco)原題『ナブコドノゾール』(Nabucodonosor)は、ジュゼッペ・ヴェルディが作曲した全4幕からなるオペラである。1842年にミラノ・スカラ座で初演された。ヴェルディにとって3作目のオペラだが、初めて大成功を得た出世作として知られ、特にその第3幕での合唱「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って」は今日のイタリアにおいて国歌並みに、あるいはそれ以上に有名な旋律となった。

第3幕 第2場
ユーフラテス河畔で、ヘブライ人たちが祖国への想いを歌う。ここで歌われるのが有名な合唱曲「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って」Va, pensiero, sull'ali dorate である。
ザッカリーアは祖国の最終的な勝利とバビロニアの滅亡を予言、人々を勇気付けようとする。
.23 2010 未分類 comment0 trackback0

第717夜〔さよならはダンスの後に 〕

〔さよならはダンスの後に / 倍賞千恵子〕

倍賞 千恵子 1941年~ 日本の女優、歌手。
1957年、松竹音楽舞踊学校に入学。60年、同校を首席で卒業し松竹歌劇団(SKD)13期生として
入団する。61年、松竹映画にスカウトされ『斑女』(中村登監督)で映画デビュー。
63年、山田洋次監督の映画『下町の太陽』に主演し、以降、山田映画に欠かせない
庶民派女優となる。映画『男はつらいよ』シリーズで、渥美清演じる
主人公車寅次郎の妹、さくら役でその人気を不動にした。
1963年には『下町の太陽』で歌手としてもデビューし、同年日本レコード大賞新人賞を受賞。
紅白歌合戦にも出場した(14回~17回まで連続出場)。
ほかにヒット曲には「さよならはダンスの後で」「おはなはんの歌」「忘れな草をあなたに」(菅原洋一らとの競作)などがある。歌謡曲からポピュラー/スタンダードに童謡・唱歌まで幅広いジャンルを歌いこなせることに
加え、日本語の発音の美しさから歌手としての評価も非常に高く(藤山一郎も評価している)
現在でも精力的にコンサート等を行っている。
.22 2010 未分類 comment0 trackback0

ここらで自己紹介②

いつも御覧頂きありがとうございます。
今夜の〔悲しき天使〕で第716夜となりました。
この”今宵の一枚”は、私が就寝前の小一時間に楽しんでいるもの、
楽しもうとしているものを取り上げています。
音楽の夜もあるし、絵画、美術書を繙く夜もあります。
また、楽しんだ映画やTV番組を取り上げる事もあります。
まあ、その時の気分次第という感じです。

今後も私の好きな音楽・美術を中心に掲載する予定です・・・。

60・70・80年代の音楽(ポピュラー・ロック・ジャズ)
W.A.モーツァルト、J.S.バッハ
イタリア・ルネッサンス期の絵画・彫刻(フラ・アンジリコ、ミケランジェロ、ラファエロ、デューラー)
バロック期の絵画・彫刻(カラヴァッジョ、ベルニーニ)
.21 2010 未分類 comment0 trackback0

第716夜〔悲しき天使〕

〔Those Were The Days/Mary Hopkin〕

メリー・ホプキン(Mary Hopkin) 1950年~
英国の歌手。ウェールズ出身でウェールズ語を母国語に育ち、民謡歌手として音楽活動に入り、地元のインディーズ・レーベルでいくらかの録音を残した後、ツイッギーに見出されて、ビートルズのアップル・レコードと契約。アップル所属時代は、その容姿や美声から「アップルの歌姫」と呼ばれていた。

ポール・マッカートニーがプロデュースしたシングル「悲しき天使 Those Were the Days 」は1968年8月30日にイギリスで発表され、有名なスター、サンディ・ショーと競作する格好となったにもかかわらず全英シングル・チャートの第1位に輝き、全米シングル・チャートでも第2位を記録した。
.21 2010 未分類 comment0 trackback0

第715夜〔夜のストレンジャー〕

〔Strangers in The Night / Frank Sinatra〕

『夜のストレンジャー』はイギリス映画『ダイヤモンド作戦』の主題曲に英語歌詞が付けられフランク・シナトラによって歌われ1966年に全米NO.1を獲得し、グラミー賞をも獲得した。69年にはフランスの歌手クロード・フランソワの楽曲「Comme d' habitude(コム・ダビテュード / いつものように)」にポール・アンカが英語詞を付けたナンバー「マイ・ウェイ」をヒットさせ124週に渡りシングルチャートに、51週に渡りアルバムチャートにとどまる大ヒットとなった。以降この曲は「ニューヨーク・ニューヨーク」「夜のストレンジャー」に並ぶシナトラの代表曲となった。
.20 2010 未分類 comment0 trackback0

第714夜〔17歳の頃〕

〔At seventeen / Janis Ian〕

ジャニス・イアン・・・・アメリカ・ニューヨーク州出身のシンガーソングライター。
早熟な天才少女は17歳にして結婚。結局は破局するものの、その経験を歌にしたのが「At seventeen(17歳の頃)」(74年)である。この曲は大ヒットを記録しグラミー賞を獲得、彼女の出世作となった。フォークを基調にポップスやジャズなどのテイストを織り交ぜ、若くして得たさまざまな経験を投影した作風は支持された。70年代を代表する名曲である。
.16 2010 未分類 comment0 trackback0

第710夜〔We Are The World〕


USA For Africa - We Are The World

1985年、飢餓に苦しむアフリカを救おうと、アメリカのスーパー・スター45人が集結して制作された「ウィー・アー・ザ・ワールド」。
ハリー・ベラフォンテがプロジェクトを作ることを提唱する。呼びかけたのはまずライオネル・リッチー。
そこからマイケル・ジャクソン、スティーヴィー・ワンダー、クインシー・ジョーンズら数々の大物アーティストが呼びかけに応じ、最終的に集まったアーティストは45人に達した。
マイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーが共同で曲を書き、プロデューサーのクインシー・ジョーンズの下、1985年1月28日にレコーディングが開始された。プロジェクトは「United Support of Artists」のイニシャルとアメリカ合衆国の略称とのダブルミーニングで「USAフォー・アフリカ」と名付けられ
3月8日、「We Are The World(ウィー・アー・ザ・ワールド)」をリリース。世界的な話題を呼んだこの曲は瞬く間に世界各国でチャート1位を記録した。
1985年のリリース当時、アメリカ国内だけでシングル400万枚、アルバム300万枚を売り上げた。

ライオネル・リッチー/スティーヴィー・ワンダー/ポール・サイモン/ケニー・ロジャース/ジェームス・イングラム/
ティナ・ターナー/ビリー・ジョエル/マイケル・ジャクソン/ダイアナ・ロス/ディオンヌ・ワーウィック/ウィリー・ネルソン/
アル・ジャロウ/ブルース・スプリリングスティーン/ケニー・ロギンズ/スティーヴ・ペリー/ダリル・ホール/
マイケル・ジャクソン/ヒューイ・ルイス/シンディ・ローパー/キム・カーンズ/ボブ・ディラン/レイ・チャールズ/
スティーヴィー・ワンダー&ブルース・スプリングスティーン/ジェームス・イングラム/
そして指揮はクインシー・ジョーンズである。
.08 2010 未分類 comment0 trackback0

第706夜〔Bohemian Rhapsody〕〔2〕

〔Bohemian Rhapsody/Queen〕

このボヘミアン・ラプソディ(Bohemian Rhapsody)は、クイーンが1975年に発表した
フレディ・マーキュリー作の楽曲。アルバム『オペラ座の夜』に収録。
世界中で大ヒットした。本国イギリスでは9週連続1位を獲得し、アメリカのビルボード誌では、
1976年4月24日に週間ランキングの最高位第9位を獲得。ビルボード誌1976年年間ランキングは
第40位。
2002年にはギネス・ワールド・レコーズ社が行った「英国史上最高のシングル曲は?」という
アンケートの結果、ジョン・レノン、ビートルズを抑えて見事No.1に輝いた。
.03 2010 未分類 comment0 trackback0

第705夜〔すべてをあなたに 〕

〔Saving All My Love For You/Whitney Houston〕

ホイットニー・ヒューストン
1980~90年代を代表するシンガー・ソングライターである。ニュージャージー州ニューアーク生まれ。
母親のシシー・ヒューストン(Cissy Houston)は60年代に活躍したスイート・インスピレーションズのリード・ボーカルで後には、エルヴィス・プレスリーやアレサ・フランクリンのツアーにバック・コーラスとしても参加している。

85年にデビューアルバム「Whitney Houston」をリリース、いきなり爆発的人気を獲得。
2作目のシングル「Saving All My Love For You」から7曲連続で全米シングルチャートNo.1を記録。
85年/10月 Saving All My Love For You/すべてをあなたに
86年/05月 The Greatest Love Of All/グレイテスト・ラブ・オブ・オール
87年/06月 I Wanna Dance With Somebody
87年/09月 Didn't We Almost Having It All/恋のアドバイス
88年/01月 So Emotional/やさしくエモーション
88年/04月 Where Do Broken Hearts Go/ブロークン・ハーツ・・・他
.02 2010 未分類 comment0 trackback0

第704夜〔君の瞳に恋してる〕

〔Can't Take My Eyes Off You / Boys Town Gang 〕
80年代ディスコ・シーンを語るに欠かせないのがこの曲。
ザ・フォー・シーズンズのメンバーだったフランキー・ヴァリが67年に発表した「Can't Take My Eyes Off You」。この楽曲をカバーし82年、大ヒットさせたのがサンフランシスコで結成された「ボーイズ・タウン・ギャング」である。メンバーは、女性ヴォーカルのジャクソン・ムーアと、トム・モーレイ、ブルース・カールトンの男性二人。映像から感じられるとおり、男性二人はゲイっぽい雰囲気である。サンフランシスコの自由な土地柄もあり、ゲイ・アーチストが多数、関わっていた。別名、ゲイで有名なボーイズ・タウンとか・・・。

それはともかく、軽快なリズム、透き通るようなコーラスが素晴らしいグループであるし歴史に残る名曲でもある。
.01 2010 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

未分類 (965)
クリフォード・ブラウン (1)
Wham! (1)
キャロル・キング (1)
Doris Day (6)
Colbie Caillat (1)
DANY BRILLANT (1)
Carpenters (2)
Liz Mitchell of Boney M (1)
ABBA (2)
Eartha Kitt (1)
ルイス・ミゲル(Luis Miguel) (1)
倍賞 千恵子 (1)
Chet Baker (0)
The Platters (2)
Jerry Wallace (1)
The Stylistics (1)
The Paris Sisters (1)
Jan & Dean (1)
Bee Gees (1)
Boys Town Gang (1)
Wagner (1)
David Garrett (1)
Herb Alpert (1)
Boz Scaggs (1)
Luther Vandross&Mariah Carey (1)
Lara's Theme (1)
Vicky Leandros (1)
Exsultate, julbilate K165 (1)
CCR (1)
Love Unlimited Orchestra (1)
Julia Lezhneva (ユリア・レージネヴァ) (1)
Jeremy (2)
ティーネ・ティング・ヘルセット (0)
マイケル・フランクス (1)
ジョルジュ・ムスタキ (0)
屋根の上のバイオリン弾き (1)
Cecilio and Kapono (1)
Matt Monro (1)
Kalapana (1)
Monkees (1)
Neil Sedaka (1)
Jose Feliciano (1)
Eric Carmen (1)
Procol Harum (1)
Pinky & Fellas (1)
Nilsson (1)
Gilbert O'Sullivan (2)
The Beach Boys (1)
Carole King & James Taylor (1)
Captain & Tennille (1)
Brian Stokes Mitchell (1)
Tony Orlando & Dawn (1)
The Animals (1)
The Mamas & The Papas (1)
Bobby Vinton (1)
Amanda Seyfried (1)
Laura Fygi (1)
David Gates (1)
Bread (1)
The Village Stompers (1)
Charlene (1)
The Bee Gees (1)
Cliff Richard (1)
Luis Miguel (1)
Sergio Mendes & Brasil 66 (1)
Dusty Springfield (1)
Air Supply (1)
Bill LaBounty (1)
昭和の海外TVドラマ (3)
自己紹介 (1)
The Paris Sisters (1)
The Andrews Sisters (0)
Shelley Fabares (0)

月別アーカイブ