現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第858夜〔Clair〕

〔Clair/ Gilbert O'Sullivan〕
70~80年代を代表するシンガー・ソングライターの一人、ギルバート・オサリバン。
『ヒムセルフ』(71年)でデビューを果たし、「アローン・アゲイン」「クレア」(共に72年)といった不朽の名曲を生み出した。
スポンサーサイト
.30 2011 未分類 comment0 trackback0

第856夜〔The Power of Love〕

〔Huey Lewis & The News-The Power of Love〕

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース(Huey Lewis & The News)は、アメリカのバンド。1980年代に数々のヒットで高い人気を博したアメリカン・ロック・バンドの代表的存在。
骨太のロックンロールを基盤に、ヒューイのハスキーボイスと爽やかなハーモニーを特徴とするキャッチーなサウンドは、まさに1980年代のアメリカのポジティブなイメージをそのまま音楽で表した存在といえる。
1985年には大ヒット映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)」の主題歌『パワー・オブ・ラブ』が全米1位の大ヒットを記録した。
.27 2011 未分類 comment0 trackback0

第855夜〔あなたに夢中〕

〔キャンディーズ - あなたに夢中〕
キャンディーズ(Candies)は、1970年代に活躍した日本のアイドルグループ。
メンバーは、ラン(伊藤蘭、1955年~)、スー(田中好子、1956年~2011年4月21日)、ミキ(藤村美樹、1956年~) の3人。1973年(昭和48年)に「あなたに夢中」で歌手デビュー。またデビュー前からは、人気バラエティ番組「8時だョ!全員集合」にもレギュラー出演していたが、デビュー後しばらくはヒット曲に恵まれなかった。デビュー当時のメインボーカルは、当時最も歌唱力が高かったスーが起用されていた。
75年(昭和50年)に発売した5枚目のシングル「年下の男の子」から、ランをメインボーカルに据えて前面に出した処、これが当たって初ヒットとなり、又オリコンでも初のベストテン入りを果たした。
77年、人気絶頂時に「普通の女の子に戻りたい」と発言して解散を表明し、世間を驚かせた。

スーちゃん死去のニュースには、吃驚した。3人とも私と同世代である。
あまりにも早すぎるよ!
.22 2011 未分類 comment0 trackback0

第853夜〔Somewhere Out There〕

〔Somewhere Out There -James Ingram and Linda Ronstadt〕1986

ジェームス・イングラム(James Ingram)1952年~
オハイオ州アクロン出身。1970年代からファンクバンドで活動を始める。後にクインシー・ジョーンズに見出され、1983年にソロ歌手としてデビュー。
アルバムにはレイ・チャールズやマイケル・マクドナルドらの大物ミュージシャンがゲスト参加した。1984年のマクドナルドの作品でデュエットした曲はグラミー賞も受賞している。
1986年には、リンダ・ロンシュタットとデュエットした「サムホエア・アウト・ゼア "Somewhere Out There"」(映画『アメリカ物語』主題歌)が全米2位の大ヒット、アカデミー主題歌賞にもノミネートされた。
.19 2011 未分類 comment0 trackback0

第852夜〔I Will Always Love You〕

〔Whitney Houston - I Will Always Love You〕1999年

1992年に、初主演映画『ボディガード(The Bodyguard)』が公開され、映画のサウンドトラック(The Bodyguard - Original Soundtrack Album)は、1993年の第36回グラミー賞最優秀アルバム賞(Album Of The Year)を受賞するなど、高い評価を受けた。
シングル『オールウェイズ・ラヴ・ユー』は自身最大のヒットとなった。
.16 2011 未分類 comment0 trackback0

第851夜〔Wave 〕

〔Wave /Antonio Carlos Jobim 〕
アントニオ・カルロス・ジョビン ( Antonio Carlos Jobim) 1927年~1994年
多くのボサノヴァ・アーティストがジョビンの作品を演奏し、音楽的ジャンルを超えて広く影響を及ぼした。
ジョアン・ジルベルトをはじめ、多くのボサノヴァ・アーティストが彼の曲をとりあげている。ヂ・モライスと共作し、ジョアン・ジルベルトとスタン・ゲッツの共作アルバム Getz/Gilbertoから人気となった代表曲「イパネマの娘」はビートルズの曲に次いで、カヴァーするアーティストが多いといわれている。ニュウトン・メンドンサとの共作、「ヂザフィナード」 や 「サンバ・ヂ・ウマ・ノタ・ソ(ワン・ノート・サンバ)」も、ボサノヴァ・アーティストたちはもちろん、ジャズ・アーティストたちのカヴァー例も多い、ボサノヴァを代表する作品である。
.15 2011 未分類 comment0 trackback0

第850夜〔My Favorite Things〕

〔 My Favorite things "The Julie Andrews Show"(1965)〕 
The Sound of Music ~ My Favorite things ~ I could have dance all night
『サウンド・オブ・ミュージック』(The Sound of Music)は、ミュージカル映画。
1965年公開配給:20世紀FOX・・・・・ミュージカル映画の最高傑作である。
ジュリー・アンドリュース(Julie Andrews) 1935年~ イギリス生まれの女優、歌手。
1947年ロンドンのウエスト・エンドで子役でデビュー、その後、1954年に渡米するまで子役として英国で幅広く活躍する。アメリカに渡ったアンドリュースは、ミュージカル『ボーイ・フレンド』のポリー役でブロードウェイ・デビュー。ブロードウェイ史上に残る大ヒットとなった『マイ・フェア・レディ』のイライザ役や『キャメロット』のグウェナヴィア役で、ニューヨーク、ロンドンの舞台に立つ。『キャメロット』を見におとずれたウォルト・ディズニーからオファーを受け、1964年にミュージカル映画『メリー・ポピンズ』の主役として映画デビュー、アカデミー主演女優賞を獲得。更に翌年『サウンド・オブ・ミュージック』では主役のマリア役で世界レベルでのブレイクを果たす。
.14 2011 未分類 comment0 trackback0

第849夜〔Stardust〕

〔美空ひばり - Stardust〕

美空 ひばり 1937年(昭和12年)5月29日 - 1989年(平成元年)6月24日)
数々のヒット曲を歌い、銀幕スターとして多数の映画に出演した昭和の歌謡界を代表する最も偉大な歌手である。
1970年代以降、ヒット曲には恵まれなかったが、この時代に入ると演歌や歌謡曲のほかにも軽快なポップスやリズム歌謡、ジャズのスタンダードやオペラのアリアに至るまで自らのスタイルで数多くのテレビ番組やレコードなどで発表し、歌手としての再評価を受けることとなる。来生たかお(『笑ってよムーンライト』〈1983年〉)、小椋佳(『愛燦燦』〈1986年〉)、イルカ(『夢ひとり』〈1984年〉)など、時代の話題のアーティスト / クリエイターなどとのコラボレートもしばしば行われた。
.12 2011 未分類 comment0 trackback0

第848夜〔The Dock Of The Bay〕


〔Otis Redding - (Sittin' On)The Dock Of The Bay〕

オーティス・レディング(Otis Redding) 1941年~1967年
アメリカ合衆国ジョージア州出身で、ソウル音楽に多大な影響を及ぼした歌手。
激情を込めた独特の歌唱法だった。航空事故により、26歳で死亡した。

事故の3日前に録音された『ドック・オブ・ザ・ベイ』は、翌年のビルボードで、1968年3月16日に週間ランキング第1位を獲得し、オーティスにとって唯一のビルボード誌週間ランキング第1位の曲となった。レコーディング中、それまでの曲調とは違う「ドック・オブ・ザ・ベイ」を本人はシングル化を望んでいたが、周囲は戸惑っていた。「俺の初めてのミリオンセラーになるぜ」と言ったらしい。
.10 2011 未分類 comment0 trackback0

第846夜〔Don't Answer Me〕

〔The Alan Parsons Project- Don't Answer Me〕
アルバム:AMMONIA AVENUE /アンモニア・アヴェニュー (1984)

アラン・パーソンズが、ソングライターのエリック・ウールフソンと共に75年に結成。他にもオーケストラ・アレンジを担当するアンドリュー・パウエルやパイロットのメンバーなど、英国の実力派ミュージシャンが集結した。その初期こそ、エドガー・アラン・ポーやアシモフの小説を題材に、オーケストラなどを導入したクラシカルなサウンドを展開していたが、徐々にポップ指向を強めていく。ギターをフィーチャーするなどAOR色を濃厚にしつつも、英国の気品漂うプログレッシヴなポップでマニアも唸らせた。この頃の作品で、フィル・スペクター・マナーの「Don't Answer Me」(84年)は、大ヒットを記録した。グループは87年の『Gaudi』を最後に解散。以後アラン・パーソンズは、プロジェクトと同様のスタイルでソロ活動を行っている。

01.Prime Time (5:03)
02.Let Me Go Home (3:20)
03.One Good Reason (3:36)
04.Since The Last Goodbye (4:34)
05.Don't Answer Me (4:11)
06.Dancing On A Highwire (4:22)
07.You Don't Believe (4:26)
08.Pipeline (3:56)
09.Ammonia Avenue (6:30)
.08 2011 未分類 comment0 trackback0

第845夜〔Too Much Heaven〕

〔The Bee Gees - Too Much Heaven〕

1979年、失われた愛の世界(Spirits Having Flown)を発表。ビー・ジーズはここでも“失われた愛の世界”“哀愁のトラジェディ(Tragedy)”“ラヴ・ユー・インサイド・アウト(Love You Inside Out)”などをヒットさせ、“愛はきらめき~”からシングル6曲が連続して全米 No.1という金字塔を打ちたてた。またアルバムとして同作品は、彼らにとって初の全米 No.1アルバムとなった。
.07 2011 未分類 comment0 trackback0

第844夜〔ミセス・ロビンソン〕

〔Simon and Garfunkel- Mrs.Robinson〕

『ブックエンド』(原題:Bookends)は、サイモン&ガーファンクルが1968年に発表したアルバム。通算4作目のアルバム。「ミセス・ロビンソン」は、映画『卒業』(監督:マイク・ニコルズ)のサウンドトラック・アルバムに初収録され、本作にも再収録された。同曲は、同時期にシングルとしてもリリースされ、サイモン&ガーファンクルにとって2作目の全米1位獲得シングルとなった。
.06 2011 未分類 comment0 trackback0

第843夜〔アマポーラ〕

〔Anacani - Amapola〕

Anacani(アナカニ)・・・1954年~ メキシコ生まれのラテン・アメリカ音楽の歌手。

アマポーラ (Amapola) は、スペイン出身の作曲家ジョセフ(ホセ)・ラカジェが1924年に発表したポップス。
アルバート・ゲイムスが歌詞を英訳し、ジミー・ドーシーオーケストラ演奏、ヘレン・オコーネルとボブ・エバーリー歌唱のレコードを、デッカ・レコードが発売し大ヒットとなった。
.05 2011 未分類 comment0 trackback0

第842夜〔春の予感 -I've been mellow-〕

〔南 沙織-春の予感 -I've been mellow-〕
作詞・作曲・編曲: 尾崎亜美

南沙織通算25枚目のシングル。1978年1月21日発売。発売元はCBS・ソニー。
1978年、資生堂春のキャンペーン・ソングに起用された本楽曲は、シンガーソングライター・尾崎亜美が他者に楽曲提供をした初めての作品にあたる。作詞・作曲・編曲すべてを尾崎が担当しているが、南沙織の全シングルA面楽曲中、作詞・作曲・編曲すべてが同一の作家によるものは本楽曲のみである。尾崎は同曲で、東京音楽祭ゴールデンカナリー賞作詞賞を受賞した。
.04 2011 未分類 comment0 trackback0

第841夜〔いつか王子様が〕

〔Someday My Prince Will Come〕
Carla Maffioletti (Brazil), Carmen Monarcha (Brazil), Suzan Erens (Holland), Mirusia Louwerse (Australia) sing
『サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム』 作詞:Larry Morey 、作曲:Frank Churchill
この『いつか王子様が』は、1937年公開 ディズニー映画「白雪姫」の挿入歌である。
.03 2011 未分類 comment0 trackback0

第840夜〔見果てぬ夢〕

〔Jack Jones - The Impossible Dream〕

ラ・マンチャの男 (Man of La Mancha) はセルバンテスの小説『ドン・キホーテ』をもとにしたミュージカル作品。脚本デイル・ワッサーマン、音楽ミッチ・リイ。1965年にブロードウェイで初演され、ニューヨーク演劇批評家賞などを受賞、5年6ヵ月のロングラン公演を記録した。現在も世界中で公演されている。
この『見果てぬ夢(The Impossible Dream)』は、本作品のテーマとして、中盤でドン・キホーテが歌い、ラストでも大合唱によって繰り返される。

・・・ジャック・ジョーンズ(Jack Jones)・・・ 1938年~ アメリカ合衆国のポピュラー音楽の歌手、俳優。2001年に全米で巡業された公演では、1966年に『見果てぬ夢』をヒットさせた(ビルボードのチャート35位まで上昇した)歌手ジャック・ジョーンズ自身がドン・キホーテ(ミゲルデ・セルバンテス)役を演じた。
.02 2011 未分類 comment0 trackback0

第839夜〔Love Me With All Your Heart 〕

〔Love Me With All Your Heart/Engelbert Humperdinck〕

フンパーディンクは、しばしば「キング・オブ・ロマンス」と称され1960年代から1970年代にかけて女性を中心に絶大な人気を誇った。「リリース・ミー」、「ラスト・ワルツ」、「愛情の花咲く時」、「地平線のかなたに」、「太陽は燃えている」などのヒット曲がある。

【『太陽は燃えている』について】・・・抜粋:eigo21(なつメロ英語)より
仰々しいほど情熱的な歌詞はどうみてもラテン系でゲルマン系ではありません。
それもそのはずで原曲は Carlos Rigual & Mario Rigual のペンによるスペイン語で
原題は Cuando Caliente El Sol (直訳:太陽が熱くなるとき)。
邦題はこのスペイン語が由来です。 
英語版は1964年にレイ・チャールズ・シンガーズによって歌われヒットしたのが最初です
.01 2011 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

未分類 (962)
クリフォード・ブラウン (1)
Wham! (1)
キャロル・キング (1)
Doris Day (6)
Colbie Caillat (1)
DANY BRILLANT (1)
Carpenters (2)
Liz Mitchell of Boney M (1)
ABBA (2)
Eartha Kitt (1)
ルイス・ミゲル(Luis Miguel) (1)
倍賞 千恵子 (1)
Chet Baker (0)
The Platters (2)
Jerry Wallace (1)
The Stylistics (1)
The Paris Sisters (1)
Jan & Dean (1)
Bee Gees (1)
Boys Town Gang (1)
Wagner (1)
David Garrett (1)
Herb Alpert (1)
Boz Scaggs (1)
Luther Vandross&Mariah Carey (1)
Lara's Theme (1)
Vicky Leandros (1)
Exsultate, julbilate K165 (1)
CCR (1)
Love Unlimited Orchestra (1)
Julia Lezhneva (ユリア・レージネヴァ) (1)
Jeremy (2)
ティーネ・ティング・ヘルセット (0)
マイケル・フランクス (1)
ジョルジュ・ムスタキ (0)
屋根の上のバイオリン弾き (1)
Cecilio and Kapono (1)
Matt Monro (1)
Kalapana (1)
Monkees (1)
Neil Sedaka (1)
Jose Feliciano (1)
Eric Carmen (1)
Procol Harum (1)
Pinky & Fellas (1)
Nilsson (1)
Gilbert O'Sullivan (2)
The Beach Boys (1)
Carole King & James Taylor (1)
Captain & Tennille (1)
Brian Stokes Mitchell (1)
Tony Orlando & Dawn (1)
The Animals (1)
The Mamas & The Papas (1)
Bobby Vinton (1)
Amanda Seyfried (1)
Laura Fygi (1)
David Gates (1)
Bread (1)
The Village Stompers (1)
Charlene (1)
The Bee Gees (1)
Cliff Richard (1)
Luis Miguel (1)
Sergio Mendes & Brasil 66 (1)
Dusty Springfield (1)
Air Supply (1)
Bill LaBounty (1)
昭和の海外TVドラマ (3)
自己紹介 (1)
The Paris Sisters (1)
The Andrews Sisters (0)
Shelley Fabares (0)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。