現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第871夜〔On and On〕

〔On and On / Stephen Bishop〕
・・・スティーヴン・ビショップ・・・
メランコリックなメロディラインにのせた甘いヴォーカルと流麗なストリングスによって絶妙な音世界を作り出し70年代のAORブームの一角を担っていく。ソロ・デビュー以前にもソングライター、バック・ミュージシャンとして活動し様々なシンガーに作品を提供。友人を通して知り合った Art Garfunkel のアルバムにも参加した。

今宵聴くのは、デビュー・アルバム「Careless」(76年)収録曲から「On and On 」。
77年/10月、全米11位、年間ランキング30位を記録した、AORの名曲である。
スポンサーサイト
.28 2011 未分類 comment0 trackback0

第870夜〔When You Wish Upon a Star〕

〔Julie Andrews / When You Wish Upon a Star〕1970

作曲:Leigh Harline 作詞:Ned Washington
『星に願いを』(原題:When You Wish upon a Star )はネッド・ワシントン作詞、リー・ハーライン作曲の1940年に発表された歌。1940年のディズニー映画『ピノキオ』の主題歌としてジミニー・クリケット(コオロギ)が歌った。実際にはジミニーを演じたクリフ・エドワーズが歌い、その年のアカデミー賞の歌曲賞を獲得した。なお、この曲はアメリカ映画協会による、映画史における偉大な歌100選の第7位(ディズニー関連作品では最高位)に入っている。

星に願いを懸けるとき誰だって
心を込めて望むなら
きっと願いは叶うでしょう

心の底から夢みているのなら
夢追人がするように
星に願いを懸けるなら
叶わぬ願いなどないのです

愛し合うふたりの密めたあこがれを
運命は優しく満たしてくれます

星に願いを懸けるなら
運命は思いがけなくやって来て
いつも必ず
夢を叶えてくれるのです

(訳詞:聖ひかる)
.24 2011 未分類 comment0 trackback0

第869夜〔Le Freak〕〕

〔Chic - Le Freak〕1978
シック(Chic)は、1977年にデビューしたアメリカ合衆国のファンク、ディスコ・バンドである。
中心メンバーはギターのナイル・ロジャースとベースのバーナード・エドワーズ。1970年代後半のディスコ・ブームを牽引したアーティストのひとつである。代表曲は、全米No.1ヒットを記録した「Le Freak」
.23 2011 未分類 comment0 trackback0

第868夜〔「フィガロの結婚」ケルビーノのアリア「恋とはどんなものかしら」〕

〔Cecilia Bartoli - Voi Che Sapete〕
Le nozze di Figaro - Mozart
Cecilia Bartoli et Claudio Abbado dans un programme Mozart à Lucerne en 2006.
歌劇「フィガロの結婚」K492 第2幕、第11曲ケルビーノのアリア「恋とはどんなものかしら」
チェチーリア・バルトリ(メゾ・ソプラノ)
類稀な美貌と実力を兼ね備え、世界の歌劇場から熱いコールを送られるベルカント・オペラ復興の旗頭として活躍する現代最高のメゾ・ソプラノである。
.21 2011 未分類 comment0 trackback0

第867夜〔Cleopatra's Dream〕

〔Cleopatra's Dream - Bud Powell Trio〕
バド・パウエル(Bud Powell)1924年~1966年7月31日 アメリカ合衆国のジャズ・ピアニスト。
チャーリー・パーカーやディジー・ガレスピーらによって確立されたビバップスタイルのジャズを、ジャズ・ピアノの分野に定着させ、「モダン・ジャズピアノの祖」とも称される。また、現在まで続くピアノ、ベース、ドラムスによる「ピアノ・トリオ」形式を創始した。
アルバムの代表作に「バド・パウエルの芸術」「アメイジング・バド・パウエル」「ジャズ・ジャイアント」「ザ・シーン・チェンジス」「バド!」など。 作曲も多く、「ウン・ポコ・ローコ」、「クレオパトラの夢」などが知られる。
.20 2011 未分類 comment0 trackback0

第866夜〔Pretend〕

〔Pretend / Nat King Cole〕
不世出の名歌手、ナット・キング・コール
20代の頃、あるクラブからカルテットでの演奏依頼を受け、コールはカルテットを編成したが、演奏初日ドラマーが姿を見せなかった。仕方なく3人で演奏したのが、ピアノ、ギター、ベースというユニークな編成の、ナット・キング・コール・トリオの始まりであった。
このトリオにシンガーはいなかったが、ある日、酔客に歌えとしつこくからまれ、やむを得ず応じたことから、ナット・キング・コールのシンガーへの道が開けた。
.19 2011 未分類 comment0 trackback0

第864夜〔STARDUST〕

〔STARDUST-Lionel Hampton All Stars〕

ライオネル・ハンプトン(Lionel Hampton)1908年~2002年8月31日 は、アメリカのジャズ・ミュージシャン。
ジャズ・ヴィブラフォンの第一人者として知られている。。ドラマーとしてミュージシャンとしてのキャリアを始めたが、ヴィブラフォンとの出会いは1930年にルイ・アームストロングのレコーディングに参加したとき。スタジオに置いてあったヴィブラフォンを弾いてみるようにアームストロングから言われたのが切っ掛けだった・・・とか。

この「スターダスト」は、ジーン・ノーマンが主宰するジャスト・ジャズ・コンサートの実況盤がある。同コンサート・シリーズはノーマン・グランツのJATPとともに、ジャズの楽しさとスリルを満喫できる人気のジャム・セッション。47年の演奏を収録した実況盤は「スターダスト」の決定的名演によって伝説化した歴史的名盤であり、ハンプトン一世一代の名ソロが圧巻である。
.11 2011 未分類 comment0 trackback0

第863夜〔五月のバラ〕

〔五月のバラ-塚田三喜夫〕
作詞:なかにし礼、作曲:川口真

元々は、ブレンダ・リーの来日のために作曲され、その後、多くの歌手にカバーされる。
ブレンダ・リーの楽曲名は「思い出のバラ(Omoide no Bara)」である。
.09 2011 未分類 comment0 trackback0

第861夜〔You'd Be So Nice To Come Home To〕


〔Helen Merrill with Clifford Brown / You'd Be So Nice To Come Home To〕

「ニューヨークの溜息」と称されるメレン・メリル。ヘレンの最高傑作といえば、1954年にクリフォード・ブラウン(Clifford Brown 1930年~1956年)と組んだアルバム『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』だろう。
クインシー・ジョーンズが編曲を担当。同作収録の「You'd Be So Nice To Come Home To」(作詞・作曲はコール・ポーター(Cole Porter 1891年~1964年))は、ヘレン・メリルの代表的なレパートリーとなった。

クリフォード・ブラウンは、1956年6月26日、リッチー・パウエル(バド・パウエルの弟)の妻、ナンシーの運転する車にリッチーと共に便乗してフィラデルフィアからシカゴに向かう途中、ペンシルベニア・ターンパイクで交通事故死。25歳。事故当夜は雨が降っており、ナンシーを含めて3人全員がこの事故で亡くなった。
.07 2011 未分類 comment0 trackback0

第860夜〔Feels So Good〕

〔CHUCK MANGIONE - FEELS SO GOOD〕

1960年代後半、トランペットからフリューゲルホルンに転向。ラテン・テイストを取り入れたメロディアスで心地よいナンバーを次々と発表。全米で大ヒッした。1976年アルバム「Bellavia」でグラミー賞を受賞。1978年にはアルバム「サンチェスの子供たち(Children Of Sanchez)」で2度目のグラミー賞を受賞した。
代表曲「フィール・ソー・グッド(Feels So Good)」は全米のヒットチャートでトップ5入りし、ジャズでは異例の大ブレイクを記録した。
.06 2011 未分類 comment0 trackback0

第859夜〔A Whole New World 〕

〔A Whole New World / Peabo Bryson&Regina Belle〕

今宵は、ピーボ・ブライソンとレジーナ・ベル(Regina Belle)のデュエット曲、「ホール・ニュー・ワールド」(A Whole New World)を聴こう。
1993年、全米第1位、A/Cチャート10位を記録。また、1992年グラミー賞の歌曲賞、 1994年には、 アラン・メンケン & ティム・ライスのコンビでグラミー賞最優秀楽曲賞をも受賞している名曲である。

I can show you the world
Shining, shimmering, splendid
Tell me, princess, now when did
You last let your heart decide?

I can open your eyes
Take you wonder by wonder
Over, sideways and under
On a magic carpet ride

A whole new world
A new fantastic point of view
No one to tell us no
Or where to go
Or say we're only dreaming

A whole new world
A dazzling place I never knew
But when I'm way up here
It's crystal clear
That now I'm in a whole new world with you
Now I'm in a whole new world with you

Unbelievable sights
Indescribable feeling
Soaring, tumbling, freewheeling
Through an endless diamond sky

A whole new world
Don't you dare close your eyes
A hundred thousand things to see
Hold your breath - it gets better
I'm like a shooting star
I've come so far
I can't go back to where I used to be

A whole new world
Every turn a surprise
With new horizons to pursue
Every moment red-letter
I'll chase them anywhere
There's time to spare
Let me share this whole new world with you

A whole new world
That's where we'll be
A thrilling chase
A wondrous place
For you and me
.05 2011 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。