現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第1104夜〔Don't It Make My Brown Eyes Blue 〕

[Don't It Make My Brown Eyes Blue - Laura Fygi]
Laura Fygi (vo) Toots Thielemans (harm) Ferdinand Povel (sax.flute) Phillipe Catherine (g)
Gwenael Micault (accodion.key) Ruud Jacobs (b) Peter Ypma (ds) Coen Van Baal (string sound)
Francis Goya, Sylvia Sheyene (cho)
Recorded at Madeleine Studio, Brussels, 1991
アメリカを代表する女性カントリー歌手の第一人者クリスタル・ゲイルが1977年に放った大ヒット曲。
スポンサーサイト
.28 2012 未分類 comment0 trackback0

第1103夜〔Mr. Lonely 〕

[Mr. Lonely-The Lettermen]
オリジナルは、1964年にボビー・ヴィントンで大ヒットした。
日本では70年代前半に人気を集めたアメリカのコーラス・グループ、レターメンがカヴァーした。
.27 2012 未分類 comment0 trackback0

第1102夜〔Lascia Ch'io Pianga 〕

[Hayley Westenra - Lascia Ch'io Pianga]
ヘンデル作曲 歌劇「リナルド」(Rinaldo)
タッソーの「解放されたエルサレム」を原作とするオペラ。十字軍の英雄リナルドが、エルサレムの王アルガンテや女魔術師に立ち向かい、最後は勝利する物語。ヘンデルが英国で発表した最初のオペラである。
「Lascia ch'io pianga」(私を泣かせて下さい)(第2幕)
リナルドの恋人アルミレーナがイスラム軍側の魔女アルミーダに捕らえられ、敵軍の王アルガンテに求愛されても、愛するリナルドへの貞節を守るため「苛酷な運命に涙を流しましょう」と歌うアリア。
.26 2012 未分類 comment0 trackback0

第1101夜〔哀愁のページ 〕

[哀愁のページ-南沙織]
作詞:有馬美恵子 作曲/編曲:筒美京平(1972)
南沙織通算5枚目のシングル。
1971年6月に「17才」でデビューした南沙織は、長い黒髪とつぶらな瞳でシンシア(女神)の愛称がぴったり、アイドルのなかでもひときわ個性的だった。
.24 2012 未分類 comment0 trackback0

第1100夜〔La fille aux cheveux de lin 〕

[Debussy - La fille aux cheveux de lin ]
Arturo Benedetti Michelangeli(1920年~1995年)
 20世紀を代表する偉大なピアニスト・ミケランジェリ。
ミケランジェリは、演奏会ピアニストとしては驚くほどレパートリーの幅が狭いが、ベートーヴェン、シューマン、ショパン、ブラームス、ドビュッシーの作品は好んで取り上げていた。完璧主義者らしいこだわりは、演奏会の突然のキャンセルのみならず、楽器の状態やステージ上の湿度にまで及ぶほどであった。
 ミケランジェリの演奏のためのコンディション作りへのこだわりは有名だが、彼は実際に超人的な感覚の持ち主であった。ある時、88鍵あるピアノの鍵盤のうち一つだけ違和感を訴え、調律師が点検しても異常を見出せなかった。しかし、それでもおかしいというので分解して詳しく調べたところ、その鍵盤だけある小さな器具が逆に取り付けられていたという。その器具は左右が98%対照に作られており、仮に逆に取り付けたとしても普通は気付かないものであった。
 一方、名調律師フランツ・モアによると、ある時カーネギー・ホールで演奏会を行った際、ミケランジェリは開演時刻が迫ってもリハーサルに執心していた。モアが調律のために30分だけ時間をくれるように頼んだ(この日の使用楽器は弦を張り替えたばかりで特に調律が必要だった)が、ミケランジェリは「私は練習しなければならない」と言ってピアノにしがみついていたという。結局、調律できないまま演奏会に臨み、翌日の新聞批評に「マエストロのピアノは音が狂っていた」と書かれていたという。
.23 2012 未分類 comment0 trackback0

第1099夜〔 The Look of Love 〕

The Look of Love / Diana Krall 〕
ダイアナ・クラール(Diana Jean Krall)、新世紀を迎え、最初に発表したアルバム『ルック・オブ・ラブ』(2001年)が世界各国で大ヒット。出すアルバムが次々に世界各国でミリオンセラーを超える大ヒットを記録する、押しも押されもしない世界のスーパースターになった。
.20 2012 未分類 comment0 trackback0

第1097夜 〔I'd really love to see you tonight 〕

〔I'd really love to see you tonight / England Dan & John Ford Coley〕
70年代ヒット曲で、「I'd really love to see you tonight」を忘れてはならない。
トップ・ヴォーカル・デュオ、イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーの傑作である。爽やかなハーモニーが魅力的な イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー は70年代後半ヒット曲量産した。その中でもこの曲は特に素晴らしい。1976年、全米POPチャート第2位、A/CチャートではNo.1を記録し、Goldディスクも獲得している。

忘れられないといえば、学生時代に出会った女性がいる。一度だけ一緒に食事していろんな話をした。
別れ際に、洪自誠の「菜根譚」をもらった。多分もう、生きて出会う事はないだろう。
.18 2012 未分類 comment0 trackback0

第1096夜〔Livin' it up 〕

[Bill LaBounty - Livin' it up ]
ビル・ラバウンティの最高傑作と評される1982年に発売されたアルバムに収録。
Bill LaBounty
1. LIVIN' IT UP
2. DIN'T WANT TO SAY GOODBYE
3. DREAM ON
4. SLOW FADE
5. COMIN' BACK
6. LOOK WHO'S LONELY NOW
7. NEVER GONNA LOOK BACK
8. IT USED TO BE ME
9. NOBODY'S FOOL
10. SECRETS
.17 2012 未分類 comment0 trackback0

第1095夜〔Just When I Needed You Most〕

[Randy Van Warmer - Just When I Needed You Most]
1979年に発表された[Just When I Needed You Most]は、全米ACチャート1位、ポップ・チャート4位、全英チャート8位を記録した最大のヒット曲。日本でもヒットを飾った馴染みの深いナンバーである。
.16 2012 未分類 comment0 trackback0

第1092夜[夕なぎ]

[夕なぎ-ハイ・ファイ・セット]
名曲の多いハイファイセットのナンバーの中でも、山本潤子の声の美しさを実感できる名曲である。

アルバム:ハイ・ファイ・ブレンドパート2
収録曲
1. 遠くからみちびいて
2. メモランダム
3. 幸せになるため
4. レディ・グレイ
5. スウィング
6. 夕なぎ
7. 海辺の避暑地に
8. 暖炉でマシュマロ
9. 少しだけまわり道
10. まぶしい貴方
11. 中央フリーウェイ
12. 雨のステイション
.13 2012 未分類 comment0 trackback0

第1091夜[A Place in the Sun]

[A Place in the Sun-Stevie Wonder]
太陽のあたる場所(Down to Earth )は、1966年に発表されたスティーヴィー・ワンダーの7枚目のオリジナル・アルバム。モータウン時代には、シングル作品を中心に多くの作曲を手がけ、数多くのヒット・ソングを誕生させた。

収録曲
1.太陽の当たる場所 - A Place in the Sun (2:51)
2.バン・バン - Bang Bang (2:41)
3.ダウン・トゥ・アース - Down to Earth (2:49)
4.サンキュー・ラヴ - Thank You Love (2:53)
5.ビー・クール、ビー・カーム - Be Cool, Be Calm (And Keep Yourself Together) (2:42)
6.シルビア - Sylvia (2:32)
他全12曲
.12 2012 未分類 comment0 trackback0

第1090夜[幸せになるため]

[幸せになるため]
作詞:荒井由実 ・作曲:村井邦彦(1976)
幸せになるため / 星降る真夜中(1976年6月20日リリース)
日本テレビ系列のテレビドラマ『たんぽぽ』宇津井健主演(1973年~1978年)の主題歌(ハイ・ファイ・セット)。
.11 2012 未分類 comment0 trackback0

第1089夜〔The Theme From "A Summer Place〕

〔The Theme From "A Summer Place〕(1959)
アメリカ映画『避暑地の出来事』(本邦公開:昭和35年)の主題歌。

サンドラ・ディーと若きトロイ・ドナヒュー の演技が好評で大ヒットした。
この「The Theme From A Summer Place」はマックス・スタイナーが作曲し、パーシー・フェイス・オーケストラ がカヴァー。1960年度のビルボード・チャートでは、2/22付全米第1位を記録した。
また、1960~1969年間のTOP100では、第3位を記録している。
.10 2012 未分類 comment0 trackback0

第1088夜〔さよならの夏 〕

[さよならの夏 - 倍賞千恵子 ]
オリジナルは、1976年(昭和51年)、読売TV系列のドラマ「さよならの夏」の主題歌(森山良子)。
2011年(平成23)には、スタジオジブリのアニメ映画「コクリコ坂から」の主題歌として手嶌葵が歌った。
.09 2012 未分類 comment0 trackback0

第1087夜〔Look For The Silver Lining 〕

[Chet Baker "Look For The Silver Lining" ]
Chet Baker Sings は、ジャズ・トランペット奏者・歌手のチェット・ベイカーが、1956年に発表したアルバム。
トランペット奏者として名を上げていったチェットは、1953年からヴォーカルにも意欲を見せ、中性的・都会的な歌声が人気を集めるようになった。全曲で歌を披露しており、チェットの歌手としての魅力を広く知らしめた。
.07 2012 未分類 comment0 trackback0

第1085夜[ 白い色は恋人の色]

[ベッツィ&クリス/白い色は恋人の色 ]
1969年(昭和44年)作詞: 北山修、作曲: 加藤和彦
ベッツィ&クリス(Betsy & Chris)は、ハワイ州出身のベッツィとアイダホ州出身のクリスによるフォークソングデュオ。透明感ある歌声で「白い色は恋人の色」は大ヒットした。
.05 2012 未分類 comment0 trackback0

第1083夜[ More ]

[Andy Williams - More]
「モア」は、『世界残酷物語( MONDO CANE)』イタリア映画(1962年)の主題曲である。
グァルティエロ・ヤコペッティ監督による、世界の野蛮で残酷な奇習・風俗を描いたドキュメンタリー映画。
.03 2012 未分類 comment0 trackback0

第1082夜[ Chanson D'Amour ]

[ The Manhattan Transfer - Chanson D'Amour]
アルバム:Coming Out(1976) に収録。
この『シャンソン・ダムール』は、1977年に全英第1位に輝き世界中で大ヒットした。
.02 2012 未分類 comment0 trackback0

第1081夜[ O Mio Babbino Caro ]

[O Mio Babbino Caro]
G.Puccini:Opera“Gianni Schicchi”:Aria di Lauretta
プッチーニ作曲:オペラ「ジャンニ・スキッキ」より:ラウレッタのアリア
Carmen Monarcha(カルメン・モナールシャ)ブラジル出身のソプラノ歌手

.01 2012 未分類 comment0 trackback0

番外[緒方洪庵追賁之碑]

緒方洪庵追賁之碑_convert_20120830161633

P1030299_convert_20120830162723.jpg
[緒方洪庵追賁之碑]

この「追賁之碑」は、明治42年に洪庵に対して従4位が追贈されたことを記念して建てられたもの。森林太郎(鴎外)撰、日下部東作(鳴鶴)書并篆額、井龜泉刻とある。碑文は悠然とした楷書で、鳴鶴円熟期の作である。

日下部 鳴鶴(くさかべ めいかく)天保9年8月18日(1838年10月6日) - 大正11年(1922年)1月27日)は日本の書家である。本名は東作。中林梧竹、巌谷一六と共に明治の三筆と呼ばれる近代書道の確立者の一人である。鳴鶴の流派は鶴門と呼ばれ、その門下生は3,000人を数えたと言われる。また揮毫した碑は1,000基とも言われ全国に数多く見られる。中でも大久保公神道碑(青山墓地)は鳴鶴の最高傑作といわれる。

私の父親は多趣味人間で書も嗜み、私も高校生の頃までやらされていた。父親の師は、日下部鳴鶴の流れを汲む吉田苞竹、辻本史邑、松本芳翠の師事を受けた人物であったと聞き、こんなところに縁がと・・・吃驚した。
.01 2012 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。