現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第1323夜〔 Don't It Make My Brown Eyes Blue 〕

〔Don't It Make My Brown Eyes Blue - Laura Fygi 〕
ローラ・フィジィ - 瞳のささやき
1955年8月27日アムステルダム生まれ。子供の頃から歌は大好きで、テラ(Terra)というバンドに参加したのは20歳の時だった。テラは2枚のシングルを出したあと、2年ほどの活動で解散。そのあとローラは、センターフォールドという名前の3人組ガール・グループに参加した。ソロ歌手としてデビューしたのは91年(『瞳のささやき』)。以後、コンスタントにアルバムを発表している。

オリジナルは、アメリカを代表する女性カントリー歌手の第一人者クリスタル・ゲイルが77年に放った大ヒット曲
スポンサーサイト
.30 2016 Laura Fygi comment0 trackback0

第1322夜〔 I Have A Dream 〕

〔I Have A Dream- Amanda Seyfried〕

1985年生まれ。アメリカ、ペンシルバニア州出身の女優で映画『レ・ミゼラブル』でも清純な美しさと素晴らしい歌声を披露して世界を魅了した、アマンダ・サイフリッド(Amanda Michelle Seyfried)は2008年公開の映画 『マンマ・ミーア!』でメリル・ストリープの娘役を演じ、劇中で使用されたABBAの楽曲を吹き替えなしで歌ったという。
.28 2016 Amanda Seyfried comment0 trackback0

第1321夜〔Mr. Lonely〕

〔Bobby Vinton - Mr. Lonely〕

1960年代のアメリカン・ポップス黄金時代に、ダーリン、ライデル、ヴィーと共に{4大ボビー}といわれ人気を博したボビー・ヴィントン。
このミスター・ロンリーは1964年に発表された楽曲。全米シングルチャート第1位を記録した大ヒット曲である。
.27 2016 Bobby Vinton comment0 trackback0

第1320夜〔Tie A Yellow Ribbon Round The Ole Oak Tree〕

〔Tony Orlando & Dawn - Tie A Yellow Ribbon Round The Ole Oak Tree〕

1971年に「ノックは3回(Knock Three Times)」」をリリースした。「ノックは3回」は、ビルボード誌で、1971年1月23日から3週間ランキング第1位を獲得した。ビルボード誌1971年年間ランキングでは第10位。1973年に、ドーンは「Dawn featuring Tony Orlando」名義で(ただし、日本版の名義は「ドーン」のままだった)、「幸せの黄色いリボン」をリリース。「幸せの黄色いリボン」は、ビルボード誌で、1973年4月21日から4週間、週間ランキング第1位を獲得し、ビルボード誌1973年年間ランキングでも第1位に輝き、ビルボード誌の集計では、ドーン最大のヒット曲となった。
.26 2016 Tony Orlando & Dawn comment0 trackback0

第1319夜〔The Impossible Dream〕

Man of La Mancha
〔The Impossible Dream - Brian Stokes Mitchell 〕
ラ・マンチャの男 (Man of La Mancha) はセルバンテスの小説『ドン・キホーテ』をもとにしたミュージカル作品。1965年にブロードウェイで初演され、ニューヨーク演劇批評家賞などを受賞、5年6ヵ月のロングラン公演を記録した。現在も世界中で公演されている。
この『見果てぬ夢(The Impossible Dream)』は、本作品のテーマとして、中盤でドン・キホーテが歌い、ラストでも大合唱によって繰り返される。
.25 2016 Brian Stokes Mitchell comment0 trackback0

第1318夜〔Love Will Keep Us Together〕

〔Love Will Keep Us Together - Captain & Tennille〕
キャプテン&テニール (Captain & Tennille) は1971年にダリル・ドラゴン(Daryl Dragon)とトニ・テニール(Toni Tennille)夫妻が結成したアメリカ合衆国のポップ・グループ。
キャプテンとボーカリストでソングライターのテニールはザ・ビーチ・ボーイズのツアーに参加。ツアー終了後デュオとしての活動を開始した「愛ある限り」は、75年6月に全米1位となる。75年度のグラミー賞でもレコード・オブ・ジ・イヤー(最優秀シングル・レコード)を受賞。また、ビルボード誌トップ・レコード・オブ・1975のシングル部門でも「愛ある限り」が第1位となった。
.24 2016 Captain & Tennille comment0 trackback0

第1317夜〔You've Got a Friend〕

〔Carole King & James Taylor - You've Got a Friend〕

「君の友だち」は、キャロル・キングの1971年のアルバム『つづれおり』に収録され、同じ年にはジェームス・テイラーにカバーされた。1971年のアルバム『マッド・スライド・スリム』に収録されたテイラーのバージョンは、ビルボード・ホット100では1位を、全英シングルチャートでは4位を記録している。また、イージー・リスニング・チャートでも1位を記録している。「君の友だち」によって、グラミー賞でテイラーは最優秀男性ポップボーカル賞、ソングライターのキングは最優秀楽曲賞を受賞している。

.23 2016 Carole King & James Taylor comment0 trackback0

第1316夜〔Surfer Girl〕

〔The Beach Boys - Surfer Girl 〕

1961年のデビュー以来、「サーフィン・U.S.A」、「ファン・ファン・ファン」、「カリフォルニア・ガールズ」など西海岸を描いた軽快なヒット・ナンバーを放ち、1966年にはロック史に燦然と輝く金字塔『ペット・サウンズ』を発表したアメリカが誇るロック・バンド。
.22 2016 The Beach Boys comment0 trackback0

第1315夜〔Alone Again (Naturally)〕

〔Gilbert O'Sullivan - Alone Again (Naturally)〕

アイルランドで生まれ、60年代後半から40年以上にわたってシンガーソングライターとして活躍しているギルバート・オサリヴァン。
ゆったり歌う永遠の名曲”Alone Again” (Naturally)(72年、全米チャートNo.1)をはじめ、72年にイギリスチャートでNo.1に輝いた”Clair”など、メロディメイカーとしていつまでも色あせないポップセンスを十分に発揮している。
.21 2016 Gilbert O'Sullivan comment0 trackback0

第1314夜〔Everybody's Talkin'〕

〔Harry Nilsson - Everybody's Talkin'〕 (1969)
1960年代後半から1970年代にかけて、「ニルソン」名義で数多くのヒット曲を残した。代表曲に「ウィザウト・ユー」(1972年全米No.1)、「うわさの男」、「ワン」、「アローは友だち」、「ミスター・ボージャングル」、「孤独のニューヨーク」(アルバム『ハリー・ニルソンの肖像』に収録。1969年発表)などがある。
.20 2016 Nilsson comment0 trackback0

第1313夜〔Manchester and Liverpool 〕

〔Pinky & Fellas -Manchester and Liverpool 〕
「マンチェスターとリバプール」は日本で31万枚を売上げ、1968年(昭和43年) 10月から5週間に渡ってヒットチャート第1位を記録した。
イギリス・スコットランド出身の女性1名、男性5名のグループ。
Caroline Gardner ( ピンキー )
Bobby Burns ( ボビー・バーンズ)
Huey Dempsey ( ヒューイ・デンプシー)
John Gardner ( ジョン・ガードナー )
Les Hunter ( レス・ハンター )
John Stev ( ジョン・スティーブ )

この楽曲のオリジナルは、1966 年にフランスのマリー・ラフォレがヒットさせた。

〔Marie Laforet - Manchester et Liverpool 〕
.18 2016 Pinky & Fellas comment0 trackback0

第1312夜〔A Whiter Shade Of Pale 〕

〔A Whiter Shade Of Pale - Procol Harum〕

1967年4月にシングル・リリースされた Procol Harum のデビュー曲。
40万枚近くのセールスを記録し、イギリスのヒット・チャートで6週間連続1位に輝いた。
邦題名は「青い影」。この歌も1960年代末から70年代にかけてのポップスの特徴である意味不明な詞で有名な曲である。

1967年(昭和42年)は私が小学校高学年の頃であるから、割合憶えている事が多い。
当時はテレビ小僧だったので一週間の番組を暗で言えた。
ドラマ:タイム・トンネルThe Time Tunnel (NHK、4月~) 
ドラマ:スパイ大作戦 Mission: Impossible (フジテレビ、4月~)等を夢中になって見ていた。
.17 2016 Procol Harum comment0 trackback0

第1311夜〔Never Gonna Fall In Love Again 〕

〔Eric Carmen - Never Gonna Fall In Love Again〕
1976年、「オール・バイ・マイセルフ」が全米2位の大ヒットを記録した。ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番をモチーフにしたこの曲は、途中にピアノ協奏を挟んだ7分超のドラマチックな大曲で多くの歌手にカバーされた。
同年の「恋にノータッチ(Never Gonna Fall in Love Again)」もまた、ラフマニノフの交響曲第2番をモチーフにした佳曲である。
1976年7月3日と10日に記録した11位が最高位。
.16 2016 Eric Carmen comment0 trackback0

第1310夜〔 Rain 〕

〔Jose Feliciano - Rain 〕
ホセ・フェリシアーノは、緑内障のため生後まもなく失明したが、盲目のハンディキャップを乗り越え『Rain』をはじめとした世界的なヒット曲を多く手がけた。ラテンとフォークが融合した独自の楽曲に注目が集まり、1966年デビュー。この『Rain(雨のささやき)はビルボード誌1969年9月/最高位76位であった。
.15 2016 Jose Feliciano comment0 trackback0

第1309夜〔 Laughter in The Rain 〕

〔Neil Sedaka - Laughter in The Rain〕
1956年にトーケンズの一員としてデビュー。1958年にRCA移籍して、ソロ・デビュー。その後、「おお!キャロル」(第9位)、「カレンダー・ガール」(第4位)、「すてきな16才」(第2位)、「悲しき慕情」(第1位)などハワード・グリーンフィールドとのコンビで共作した作品が次々とヒットし、シンガー・ソングライターのパイオニアとして人気を博した。
この「雨に微笑みを(Laughter in the Rain)」は、1974年全米チャート第1位を記録した。
.14 2016 Neil Sedaka comment0 trackback0

第1308夜〔 She's My Kind Of Girl 〕

Björn & Benny - She's My Kind Of Girl
ビョルン&ベニー「木枯らしの少女」

ABBA(アバ)は、スウェーデンのポップ・ミュージックグループ。男女2名ずつの4人組でグループが構成され、1970年代にヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア及び日本で絶大な人気を獲得し、シングルとアルバムの総売り上げは3億7000万枚を超え、世界で最も売れたアーティストに名を連ねている。2010年に、ロックの殿堂入り。また、マドンナやレディー・ガガなど多くのアーティストがABBAの影響を受けたと語っている。
メンバー
アグネッタ・フォルツコグ(Agnetha Fältskog)
ビョルン・ウルヴァース(Björn Ulvaeus)
ベニー・アンダーソン(Benny Andersson)
アンニ=フリッド・リングスタッド(Anni-Frid Lyngstad)

ABBA結成前の1972年に、ビョルン&ベニー名義で「木枯らしの少女」が日本でヒットした。
当時のヒットチャートを見ると・・・・う~ん、全部口遊めるなぁ。

ニッポン放送 全国ポップスベスト10(1972年2月27日付チャート)
1972(昭和47)年3月第1週から4週連続1位を獲得している。
1: オールド・ファッションド・ラヴ・ソング /スリー・ドッグ・ナイト
2: ラヴ /レターメン
3: クエスチョン'67&'68 /シカゴ
4: ただ愛に生きるだけ /マルチーヌ・クレマンソー
5: アメリカン・パイ /ドン・マクリーン
6: ブラック・ドック /レッド・ツェッペリン
7: 木枯らしの少女 /ビヨルンとベニー
8:イマジン/ジョン・レノン
9: 愛のシェイク・ハンド/メイ・フラワー
10:心の扉を開けよう/メラニー
.13 2016 ABBA comment0 trackback0

第1307夜〔Daydream Believer〕

〔The Monkees - Daydream Believer 〕
デイドリーム・ビリーヴァー」などのヒット曲を残した、1960年代のアメリカンポップシーンを代表する「ザ・モンキーズ」。
ヒット曲には「アイム・ア・ビリーヴァー」、「すてきなバレリ」などのミリオン・セラーを連発した。
.11 2016 Monkees comment0 trackback0

第1306夜〔史上最大の作戦〕

〔史上最大の作戦(The Longest Day)〕1962年公開アメリカ映画
 コーネリアス・ライアンによるノンフィクション「The Longest Day」(邦題:「史上最大の作戦」)を元に映画化された。第二次世界大戦における連合軍のフランス・ノルマンディー海岸への上陸作戦「オーバーロード作戦」を取り扱った戦争映画。アメリカからジョン・ウェインやヘンリー・フォンダらが参加した他、英仏独からも豪華キャストを迎え、40億円以上の巨費を投じた、当時としては「史上最大の」映画。連合国側だけでなくドイツ側の視点でも描いているドキュメンタリー風の映画で、臨場感に溢れている事で評価が高い。地味で日本人にはなじみの無い原題『一番長い一日』を、当時FOXの広報を勤めていた水野晴郎が「史上最大の作戦」と意訳した。

■監督:ケン・アナキン(イギリス関連部分)、 ベルンハルト・ヴィッキ(ドイツ関連部分)、アンドリュー・マートン(アメリカ関連部分)
■アメリカ
ベンジャミン・バンダーボルト中佐:ジョン・ウェイン
ノーマン・コータ准将(アメリカ陸軍第29歩兵師団副師団長):ロバート・ミッチャム
セオドア・ルーズベルト准将(第26代大統領セオドア・ルーズベルトの子息):ヘンリー・フォンダ
ジェームズ・M・ギャビン准将(アメリカ陸軍第82空挺師団副師団長):ロバート・ライアン
ビーア中佐(アメリカ軍駆逐艦艦長):ロッド・スタイガー
フラー軍曹(アメリカ陸軍第29歩兵師団所属):ジェフリー・ハンター
レンジャー隊隊員(アメリカ陸軍第2特別遊撃大隊所属):ロバート・ワグナー
レンジャー隊隊員:ポール・アンカ
ウォルター・ベテル・スミス少将:アレクサンダー・ノックス
ロバート・ヘインズ少将:メル・ファーラー
ドワイト・アイゼンハワー大将:ヘンリー・グレイス
■イギリス
ロバット卿(イギリス軍コマンド部隊長):ピーター・ローフォード
ジョン・ハワード少佐(イギリス軍第6空挺師団指揮官):リチャード・トッド
デビッド・キャンベル(イギリス空軍パイロット):リチャード・バートン
コリン・モード大尉(イギリス海軍上陸主任):ケネス・モア
フラナガン一等兵:ショーン・コネリー
エドウィン・P・パーカー准将:レオ・ゲン
牧師:ジョン・グレッグソン
J・N・スタッグ大佐(イギリス空軍気象部):パトリック・バー
■ドイツ
ギュンター・ブルーメントリット歩兵大将(ドイツ西部軍参謀総長):クルト・ユルゲンス
エルヴィン・ロンメル元帥(ドイツ陸軍B軍団長):ヴェルナー・ヒンツ
ゲルト・フォン・ルントシュテット元帥(ドイツ西部軍最高司令官):パウル・ハルトマン
■フランス
ジャニーヌ・ボアタール(レジスタンス闘士):イリナ・デミック
バロー夫人:アルレッティ
アルフォンス・レノー(コルヒル市長):ブールヴィル
ルイ・ルーラン神父:ジャン・ルイ・バロー
アレクサンドル・ルノー(サント・メール市長):ジョルジュ・ウィルソン
ルイ:フェルナン・ルドゥー
ギ・ド・モントーロール軍曹(フランス軍コマンド部隊所属):ジョルジュ・リビエール
フィリップ・キーフア中佐(フランス軍コマンド部隊長):クリスチャン・マルカン
ジョジャール海軍少将(自由フランス軍提督):ジャン・セルヴェ
.11 2016 未分類 comment0 trackback0

第1305夜〔Juliette〕

Juliette - Kalapana
 ハワイで結成された70年代を代表する“サーフ・ロック”の代名詞的バンド、カラパナ。
1975年にアルバム『Kalapana』(邦題:「ワイキキの青い空」)でデビュー、「ナイトバード」や傑作「愛しのジュリエット(Juliette)」が大ヒットした。
.02 2016 Kalapana comment0 trackback0

第1304夜〔From Russia With Love〕

〔Matt Monro / From Russia With Love〕

ライオネル・バート(Lionel Bart 1930年~1999年) が作曲。マット・モンロー(Matt Monro 1932年~1985年) が唄う同名タイトルの主題歌が大ヒットした。イギリスの「メロディ・メーカー」誌では、最高位20位を獲得、また、ジョン・バリー・オーケストラの演奏による同主題歌もチャートに登場し、最高位39位を記録している。アメリカではチャート入りは果たしていないが、サウンドトラック・アルバムは、アメリカの「ビルボード」誌アルバム・チャートで最高位27位を獲得している。

1963年に製作された007シリーズ映画第2作の主題曲。1964年4月の日本初公開時の日本語タイトルは『007 危機一発』。
1972年に『007 ロシアより愛をこめて』と改題してリバイバル公開された。
.01 2016 Matt Monro comment0 trackback0
 HOME 

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。