| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第110夜 今宵の一枚:〔聖三位一体 〕

trinity_convert_20090113221313.jpg

〔聖三位一体 / マザッチョ〕
1426-28年頃 壁画 667 x 317㎝ サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂(フィレンツェ)

マザッチオ(Masaccio, 1401年 - 1428年)は、ルネサンス期のイタリアの画家。
前回は、「フラ・アンジェリコ」を取り上げたが、今宵は「 マザッチオ」である。
「ジョット」の頃には、まだなかった「遠近法」がこの「聖三位一体」には使われている。
二本の線が遠くに行くにしたがって、一本に交わって見える。この原理を絵画に
応用すれば、平面に奥行きを生み出すことが出来る。
この壁画の前に立つと巨大な礼拝堂が出現する。
その奥から、父なる神とイエス・キリストがこちらに迫ってくるように感じられる。
.13 2009 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/134-dd78c42e

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。