| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第119夜 今宵の一曲:〔夜の女王のアリア 〕


〔モーツァルト作曲 / 歌劇【魔笛】序曲〕


〔夜の女王のアリア【復讐の炎は地獄のように我が心に燃え】〕

さて、今宵はモーツァルトの傑作オペラ「魔笛」から「夜の女王のアリア」を楽しもう。
この「復讐の炎は地獄のように我が心に燃え」」 は
歌劇「魔笛」第2幕で夜の女王(ソプラノ)によって歌われるアリア。
コロラトゥーラによる超絶技巧が駆使されることで知られている。
夜の女王が娘パミーナにナイフを渡して、宿敵、大僧正ザラストロを殺害するように命じる場面で
歌われる。歌詞の内容も、パミーナがザラストロの殺害を断わるようなら、
もはや娘ではないと宣言するほどの復讐心の苛烈さを歌ったものである。
「魔笛」 Die Zauberflöte、K620は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが
1791年に作曲。最後に完成させたオペラである。

私は、この「魔笛」が大好きである。パミーナ役(ルチア・ポップ)がとても清楚で素敵だ。
「序曲」も大変好きである。モーツァルトの作品の中で、この「序曲」が一等好きだ。
.22 2009 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/143-16d70fd3

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。