| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第150夜〔Don't It Make My Brown Eyes Blue 〕


〔Don't It Make My Brown Eyes Blue / Laura Fygi 〕

1955年8月27日アムステルダム生まれ。父親はオランダ人で有名な電機メーカー、フィリップス社のテクニカル・ディレクター
母親は元ベリー・ダンサーのエジプト人。
ローラは父親の転勤にともなって幼い頃に南米のウルグアイに移り、そこで育った。
しかし60年代はじめに父親が突然亡くなり、オランダに戻った。子供の頃から歌は大好きで、テラ(Terra)というバンドに参加したのは20歳の時だった。これは男性1人+スリナム、中国、アラビア人女性を含む多国籍グループだった。テラは2枚のシングルを出したあと、2年ほどの活動で解散。そのあとローラは、センターフォールドという名前の3人組ガール・グループに参加した。
グループ名から察しがつくように、これはセクシーなイメージを売り物にしたグループで7年間続いた。
その間に来日もしている。ソロ歌手としてデビューしたのは91年(『瞳のささやき』)。以後、コンスタントにアルバムを発表している。

ジャズの域を越えて幅広い人気を誇るオランダ出身のローラフィジーの魅力は
しっとりと情感を湛えて歌うあのシルキーなハスキー・ボイスにある。
この楽曲は「クリスタル・ゲイル」のカバーであるが、どちらも素晴らしい。甲乙付け難い。
次回は本家を取り上げたい。
.18 2009 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/177-d2d7244a

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。