| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第194夜 今宵の一曲〔I Need To Be In Love 〕


〔I Need To Be In Love / Carpenters 〕
青春の輝き(I Need To Be In Love)は、1976年にカーペンターズが発表した楽曲。
『見つめあう恋』(A Kind of Hush)収録。作詞作曲はリチャード・カーペンターとジョン・ベティス.
生前のカレンが最も気に入っていた曲であった。シングル発表当時は全米チャート最高25位と振るわなかったが、日本独自で編集発売された『青春の輝き~ザ・ベスト・オブ・カーペンターズ』は
350万枚以上を売り上げた。

私の人生でいちばん難しいのは
信じ続けること
この狂った世界のどこかに
私を愛してくれる人がきっといると
はなかい人生を 人々は行き来するばかりで
私にチャンスが来ても
気づかずにいるかもしれない

約束なんかいやよ、シンプルな関係でいましょう
なんてよく言ったものだと
自由は あなたからの「さようなら」を早めただけ
少し時間はかかったけど
簡単に物事が行かないことを学んだわ
私には充分すぎる代償を支払って

そうね、私は恋をするべきね
そうね、私は時間を無駄にしすぎたわ
そうよ、私は不完全な世界に完璧を求めている
そして、おばかさんなことに
それが見つかるとおもっているの

そんな私のポケットの中は
夢や希望で一杯だけれど
今夜は何ひとつ 私を慰めてくれそうもない
朝の4時だと言うのに 目は冴えるばかり
一人として友達の姿もなく
希望にすがりついているだけの私
でも 私は大丈夫よ
.25 2009 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/223-b2755824

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。