| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第209夜 〔バルダサーレ・カスティリオーネの肖像 〕

ラファエロ_convert_20090405165711
〔ラファエロ作/バルダサーレ・カスティリオーネの肖像〕
1514-15年、油彩キャンバス、82 x 67 cm、ルーヴル美術館
この肖像画のモデルは詩人、人文主義者でありウルビーノ公の使節であったバルダッサーレ・カスティリオーネで、若きラファエロはそのウルビーノでカスティリオーネと知り合ってもいる。
1528年に出版され、理想的な宮廷人のあるべき姿を確立した『宮廷人の書』の著者として有名であったカスティリオーネは、ラファエロの友人となり、二人は美と調和に対する同じ考え方を共有していた。
この絵画はおそらく、1514-1515年にローマで、ウルビーノ公爵がカスティリオーネを駐教皇庁代表使節に任命した際に制作されたと考えられている。

さて、今夕はラファエロの大傑作を楽しもう。
上着の質感にシャツの皺、そして特筆すべきは髭の描写である。一本一本まで完璧に
描かれている。さすが大天才ラファエロである。
.05 2009 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/238-6e3c18a0

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。