| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第226夜 〔シバの女王の入場 〕

〔Händel/ Arrival of the Queen of Sheba〕
シバの女王の入場~ソロモン HWV67 1749年
ヘンデルはメサイアを始め、数多くのオラトリオを残した。
オラトリオは演技はなく、大道具、小道具、衣装などは用いない。
* 声楽(独唱(群)・合唱)、オーケストラによって演奏される。
* 歌詞に物語性があり、全体として叙事的である。
* 単独の楽曲ではなく、いくつかの曲から構成される、大規模な曲である。、
内容は聖書を題材にした作品が多く、宗教曲的な性格を有する。
本作「ソロモン」は旧約聖書の「列王記」を基に、三部で構成される大規模な作品。
今日は、第三部冒頭の「シバの女王の入場」だけが単独で演奏される場合が多い。

物語の場面は、いかなる難問にも答えられると噂されるソロモン王の知恵を試そうと、シバの国の女王がソロモン王のいる宮殿に入場するところを描写している。
第三部への導入曲として器楽のみで奏され、ヴァイオリンの軽やかな分散和音の上に管楽器のファンファーレが鳴り響きます。ソロモン王により繁栄を極めた古代イスラエルを舞台にした華やかな一曲である。
.19 2009 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/254-0b92441d

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。