| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第749夜〔歌劇 『カルメン』~闘牛士の歌〕

〔ビゼー作曲/歌劇『カルメン』~闘牛士の歌〕

ディミトリー・ホロストフスキー(Dmitri Hvorostovsky) 1962年~
ロシア、クラスノヤルスク市出身のバリトンオペラ歌手・声楽家。

『カルメン』(Carmen)は、ジョルジュ・ビゼーの作曲によるフランス語によるオペラである。
オペラ『カルメン』は、プロスペル・メリメの小説『カルメン』を基にしたもので、アンリ・メイヤックとリュドヴィク・アレヴィがリブレットを作った。音楽(歌)の間を台詞でつないでいくオペラ・コミック様式で書かれている。全4幕。1875年、パリのオペラ=コミック座で初演されたが不評であった。ビゼーは初演から間もなく死去するが、その後エルネスト・ギローにより台詞をレチタティーヴォに改作されて上演され、人気を博すようになった。フランス歌劇の代表作として世界的に人気がある。『闘牛士の歌(仏:Votre toast, je peux vous le rendre)は歌劇『カルメン』の第2幕で歌われるアリア。『諸君らの乾杯を喜んで受けよう』の通称でも知られている。
.27 2010 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/264-8bc55c1b

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。