| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第248夜〔バテシバ〕

BathshebaバテシバDROST,+Willem_convert_20090504163054
〔Willem Drost /Bathsheba 〕
1654年、油彩・カンヴァス、101cm ×86cm、ルーヴル美術館
この作品の主題は「バテシバ」である。

かのイスラエルの英雄王ダヴィデが犯した唯一の罪の話である。
ある日、部下のウリヤの妻、バテシバが水浴している姿を見て、その美しさに惑ったダヴィデはバテシバを自分のものにしようと画策し、ウリヤを前線に送り戦死させ、自分の妻とした。
預言者ナタンにとがめられて、ダビデも後悔するが、神はこれを許さず、バテシバから生まれた最初の子供の命を奪った。次に生まれた子供がソロモンである。

この魅力的なバテシバはどうだ!ダヴィデ王が魅かれたのも当然であろうと思う。
.04 2009 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/279-22f8feb3

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。