| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第285夜〔カンタータ第78番 BWV78 〕



〔BWV78《イエスよ、わが魂を》 ~アリア〕

バッハのカンタータには、コラール・カンタータと呼ばれる一群があるが、このカンタータ78番はその代表的なもの。
今日残されているのは、ドイツ語による約200曲の教会カンタータ(本来は5年分:約250曲で約50曲が既に紛失)、2つの受難曲(3番目のマルコ受難曲のレチタティーヴォが紛失)と3つのオラトリオ、6曲のモテット、ラテン語によるマニフィカト1曲、小ミサ曲(ルーテルミサ)4曲と大ミサ曲1曲が主要なものである(ドイツ語作品では、ルター派の伝統に立脚したコラールが音楽的な基礎となっていることが多い)。

このアリアは、ソプラノとアルトによって歌われる有名な二重唱だが、「われらは急ぐ、弱けれど弛みなき足どりもて」という歌詞をうけて、休まぬ足取りにも似た通奏低音によって愛らしい旋律が支えられている。
.07 2009 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/319-65486b3f

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。