| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第361夜〔いとしのレイラ〕


〔Layla/Derek & the Dominos〕

アメリカのバンド「デレク・アンド・ザ・ドミノス」のアルバム名およびタイトル曲である。
シングルはビルボード誌で、1972年8月5日に週間ランキング最高位の第10位を獲得。
ビルボード誌72年年間ランキングでは第84位。
ボーカルだったエリック・クラプトンが「クリーム」解散後の70年、「デレク・アンド・ザ・ドミノス」で出したアルバム『いとしのレイラ(原題:Layla and Other Assorted Love Songs)』のタイトル曲でありロック史に残る名曲。

序盤の有名なギターリフから始まり、情熱的で激しい演奏の前半とピアノを軸にした穏やかな演奏の終盤という対照的な2つのパートで構成されている。
.09 2009 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/396-556a6977

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。