| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第372夜〔アンネ=ゾフィー・ムター〕


〔メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64〕
アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、指揮:クルト・マズア
メンデルスゾーン(1809-1847)生誕200年を機に、ヴァイオリンの女王ムターが遂にメンデルスゾーンの協奏曲を再録した。カラヤン&ベルリン・フィルとの旧録音は1980年9月、実に28年ぶりの再録となった。

1963年スイス・バーゼル近郊のラインフェルデンに生まれる。カール・フレッシュ門下のエルナ・ホーニヒベルガー、アイダ・シュトゥッキに師事。 1976年のルツェルン音楽祭のデビュー演奏会を聴いたカラヤンに認められ、翌77年のザルツブルグ聖霊降臨祭音楽祭のベルリンPO演奏会にソリストとして登場し大きな話題となった。
以後、88年8月のチィコフスキーのヴァイオリン協奏曲まで頻繁に録音を重ねた。
また、若い音楽家を支持する目的でアンネ・ゾフィー・ムター財団(本部・ミュンヘン)を設立、才能ある世界の弦楽器楽者たちに奨学金を支給するなど、精力的に活動している。
.20 2009 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/407-f9e7ab57

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。