FC2ブログ
| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

第394夜〔明るい表通りで〕


〔On The Sunny Side Of The Street/Roberta Gambarini〕
究極のジャズ・シンガー、と絶賛される歌手のデビュー・アルバム。エラ、サラ、カーメンの長所をすべて受け継いだと言われる彼女が、名手のサポートを得てヴェルヴェット・ヴォイスを響かせる。

ロバータ・ガンバリーニ イタリア、トリノ生まれ。
17歳から北イタリアのジャズクラブで歌い始める。18歳で、ジャズ・シンガーとしてのキャリアを築くためミラノに移ることを決める。10代のうちにイタリア国営ラジオ・テレビ主催のコンペティションで3位に入賞。ポンペイ国際ジャズ・フェスティバルや、ヴェニスのリドで行われた国際ジャズ・ミーティング(1985)や、その他数々の国内フェスティバルなどイタリア中のジャズ・フェスティバルで歌う機会につながっていく。
1998年、活動の拠点をアメリカに移し、その年の「セロニアス・モンク・インターナショナル・ジャズ・ヴォーカル・コンペティション」で3位に入賞。その後、ヨーロッパ・アジア・ツアー(2004年12月ブルーノート東京出演)、ジェームス・ムーディ・バンドのゲスト・シンガーとしてニューヨーク・ブルーノート出演、05年12月にはワシントンDCのケネディ・センター出演など積極的にツアーを行っている。
.07 2009 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/430-0f1129cb

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ