| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

今宵の一枚 〔無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007 〕

バッハ

【無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007 】 ピエール・フルニエ(Pierre Fournier)

ディスクは、ピエール・フルニエが円熟の極みにあった1972年東京の虎ノ門ホールでの
バッハ無伴奏チェロ組曲演奏会の来日公演のステレオ・ライヴ。

バッハの無伴奏チェロ組曲(全6曲)は数多のチェリストが名演奏を残している。
なかでも、このピエール・フルニエは気品のあるチェロだと思う。
演奏技術をひけらかしたり、思わせぶりな濃厚な表情をつけたりなどはしない。
チェロならではの低い音色が心地よい。格調高く優雅で洗練された名曲である。
.08 2008 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/44-55bb618b

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。