| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第409夜〔川瀬 巴水 その②〕

引き続き川瀬 巴水の作品を紹介したい。

日本橋(夜明け)1940
日本橋(夜明け)(1940年)

日光街道 昭和5年(1930)作 清水寺の暮雪 昭和25年(1950)作
  日光街道(1930年)                    清水寺の暮雪(1950

田子の浦の夕 昭和15年(1940)作
田子の浦の夕 (1940年)

1883年(明治16年)東京都芝区(現港区)に糸組物職人・庄兵衛の長男として生まれる(本名:文治郎)。十代から画家を志し日本画を学ぶ。25歳で父親の家業を継ぐが画家になる夢を諦めきれず、妹夫婦に商売を任せ日本画家鏑木清方の門を叩いたが20代も半ばを過ぎた遅い始まりに難色を示され洋画家の道を進められた。その為当時、洋画家の集まりとして知られた白馬会葵橋洋画研究所に入り岡田三郎助から洋画を学ぶ。しかし洋画の世界では挫折を経験し27歳の時、一度は入門を断られた鏑木清方に再度入門を申し出て許されると2年の修行を経て「巴水」の画号を与えられる。
1918年(大正7年)35歳の時に師の清方が得意とした美人画で行き詰まりを感じ始め、同門伊東深水の版画に影響を受けて版画家に転向。当時浮世絵版画は衰退の一途を辿っていたが、版元の渡邊庄三郎のもとで数々の風景版画を製作、作品を発表し始める。

渡邊木版美術画舗では多くの作品を見ることが出来る。
http://www.hangasw.com/index.html
.21 2009 未分類 comment2 trackback0

Comment

ウェハースの椅子
きのう 江戸東京博物館に行ってきました。とてもよかったです。 紹介して下さり ありがとうございました。 そして、1周年おめでとうございます。 継続は力也といいますが、ほんとにすごいですね。
今後も 楽しみにしております。  ワタナベさんの紹介してくれた、音楽や 絵 から 一日元気をもらったり、世界が広がったりと ずいぶん 助けてもらっております。 ありがとうございます。
2009.10.05 08:44
WATANABE
今日も御覧頂き有難うございます。
頂戴するお褒めの言葉が、私の活力の源となっております。深く感謝申し上げます。
しかし、ちょっと褒め過ぎですね。
新版画展は、新鮮で良かったでしょう。川瀬巴水は、私も最近知ったばかりでした。
2009.10.05 14:22

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/447-6a03413d

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。