| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第413夜〔サンバ・ジ・ヴェラォン(ソー・ナイス)〕


「SAMBA DE VERAO(SO NICE)/小野リサ」

1998-BossaCarioca_240.jpg
「BOSSA CARIOCA/ボッサ・カリオカ」
『ボサノヴァ誕生40周年を記念して私からブラジルに捧げたこのアルバムは、ジョビンの息子と孫にあたる
パウロ&ダニエル・ジョビンとともに、リオの平和な日々の中で作りました。
ジョビンの楽曲をはじめボサノヴァの名曲が詰まっている、是非聴いて頂きたいアルバムです。』

01. SÓ DANÇO SAMBA ソ・ダンソ・サンバ
02. SAMBA DO SOHO ソーホーのサンバ
03. CHEGA DE SAUDADE 想いあふれて
04. SAMBA DO CARIOCA カリオカのサンバ
05. CORCOVADO コルコヴァード
06. MARIA É DIA マリア朝よ
07. OS DOIS 二人
08. SAMBA DE VERÃO サマー・サンバ
09. ELA É CARIOCA 彼女はカリオカ
10. DIZ A ELA 彼女に言って
11. O BARQUINHO 小舟
12. SAUDADE サウダージ
13. PALPITE INFELIZ パウピッチ・インフェリス

ボサ・ノヴァおよびブラジリアン・ミュージックの素晴らしさを日本中に広めているシンガー・ソングライター。
89年、アルバム『カトピリ』にてデビュー。全編ポルトガル語による詞作、異国情緒あふれるメロディ、涼しげな歌声、シンコペーションが効いたボッサ特有のギター・サウンドは当時、多くの日本人にとってはじめて耳にする音だったであろう。その後も、毎年1枚のペースで良質なアルバムをリリースし、ますます多くの音楽ファンを魅了。97年発表のアルバム『エッセンシア』に収録されている「シ・ア・ワ・セ」では、日本語詞(作詞/宮沢和史)に初挑戦、日本語独自の美しい響きがボッサのリズムにマッチングして、感動的なまでに美しい仕上がりとなっている。そして、99年にはアルバム『ドリーム』が20万枚を超えるセールスを記録したほか、98年には全曲リオ・デ・ジャネイロ録音の『ボッサ・カリオカ』を発表、アントニオ・カルロス・ジョビンの息子と孫にあたるパウロ&ダニエル・ジョビンを迎えるなど彼女のサウンドはさらにブラジリアン・ミュージックの奥地へと深化。現在彼女の人気は海を越え、台湾やハワイ公演を成功させるなどワールド・ワイドに活躍している。
もはや知らぬものがいないほど日本に定着したボサ・ノヴァ・・・・彼女の功績はあまりにも大きい。
.25 2009 未分類 comment2 trackback0

Comment

ウェハースの椅子
素敵な音楽や 美術の紹介、とてもステキですね。
これからも、たのしませてください。
小野リサ いいですね。大好き!
2009.09.25 21:01
WATANABE
いつもご覧頂きありがとうございます。それと、コメントありがとうございます。
小野 リサは、楽しんでいただけましたか?僕も大好きなシンガーですよ。

拙いブログですが、今後はもっと充実させていきたいと思っています。
これからも宜しくお願いします。
2009.09.26 13:40

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/452-cd87ea73

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。