| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第492夜〔シシリエンヌ〕


〔Pelleas et Melisande Op.80~Sicilienne〕
管弦楽組曲 作品80『ペレアスとメリザンド』~シシリエンヌ

1898年から1900年秋にかけて、フォーレは『ペレアスとメリザンド』の付随音楽から『前奏曲』、『糸を紡ぐ女』、『メリザンドの死』の3曲を選んで管弦楽用の組曲とした。このとき、ケクランによるオーケストレーションに手を入れ、オリジナルの室内オーケストラ用から二管編成用に拡大した。
組曲版は1901年2月3日、カミーユ・シュヴィヤール指揮コンセール・ラムルー管弦楽団によって初演された。フォーレはこの初演が不満だったらしく、妻に宛てた手紙に「糸を紡ぐ女はとにかく速すぎる。」と書いている。しかし、『糸を紡ぐ女』は好評で、初演時にアンコールされている。その後、さらに『シシリエンヌ』、『メリザンドの歌』の2曲を加えて5曲編成とした。現在ではこの組曲がもっぱら演奏されるが、『メリザンドの歌』のみが声楽入りであるため、この曲を外した4曲構成もよく見られる。また、オリジナルの劇付随音楽からの小品を適宜加えた形でも演奏されることがある。フォーレの他の作品と同様、演奏効果の点では地味だが、内容的な充実からして中期を代表する傑作といえる。
.13 2009 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/535-d011daca

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。