| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第1178夜〔Come To Me〕

〔Come To Me-Bobby Caldwell〕
ボズ・スキャッグズと並んで“ミスターAOR”との愛称を持つボビー・コールドウェル。
1951年 ニューヨーク・マンハッタンに生まれ。幼少の頃父親からプレゼントされたギターがきっかけで音楽に目覚め、シナトラ、カウント・ベイシーに始まり、ビートルズなどの数々のポップソングに傾倒した後、22歳の時に
リトル・リチャードのバンドに参加し、1976年「ザ・ハウス・イズ・ロッキン」でデビュー。
78年に発表されたデビュー・アルバム『 Bobby Caldwell(国内盤:イヴニング・スキャンダル)』の時点で、すでにメロディ・メイカーとしての才能を開花。特に、白人でありながら黒人アーティストのごときエモーショナル・ヴォーカルを繰り出した、「風のシルエット(What You Won't Do For Love)」「スペシャル・トゥ・ミー(Special To Me)」「カム・トゥ・ミー(Come To Me)」といったナンバーは、高品質なAORとして名高い。
.25 2013 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/553-b5b159f8

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。