| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第570夜〔ラヴァーズ・コンチェルト〕


〔 A Lover's concerto/Sarah Vaughan〕

ビリー・ホリデイの後を継ぐ、女性ジャズ・ヴォーカリスト御三家の一人、サラ・ヴォーン。3人のなかで最も深み/粘りのある声を披露し、その大柄な体格から生み出される声量はオペラ並みだった。ユッタリ/タップリ謳うその様は、まわりの空気/雰囲気すべてを呑み込み、たゆまぬ流れを湛える大運河のようである。そんな彼女を当時の聴衆は、ジャズ・ヴォーカリストの枠を超越した“ザ・シンガー”と賞賛した。

今宵は、サラ・ヴォーンが全盛時代にマーキュリーに残した〔ラヴァーズ・コンチェルト〕を楽しもう。
.13 2010 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/611-dac74305

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。