| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第602夜〔威風堂々第1番〕

Elgar:Pomp and Circumstance March No.1
エルガー:威風堂々(行進曲)第1番 ニ長調 Op39
イギリスの作曲家エドワード・エルガーが作曲した管弦楽のための行進曲集。

エルガーが生前に作曲、出版した5曲のうち、第1番から第4番は1901年から1907 年にかけて作曲され、第5番は晩年の1930年に作曲された。遺稿から見つかった第6番は未完成であり、アンソニー・ペイン(Anthony Payne)によって補筆・完成されたもので知られている。

エドワード7世からの歌詞をつけてほしいという要望に従い、1902年、国王のための戴冠式頌歌(Coronation Ode)を作曲、終曲「希望と栄光の国(Land of Hope and Glory)」にこの行進曲の中間部の旋律を用いた。
.18 2010 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/643-5ca67875

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。