| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第645夜〔ミスター・ボージャングルズ〕

Nitty Gritty Dirt Band / Mr Bojangles 〕(1970)
ニッティ・グリッティ・ダート・バンドは、米国カリフォルニア州ロングビーチで65年に結成されたカントリー・フォーク・ロック・バンド。草創期にはジャクソン・ブラウンも参加していた。

この歌は作者ジェリー・ジェフ・ウォーカーというカントリー・シンガーの23歳の時(1965年)の実話を元にして作られています。
当時彼はニュー・オーリンズで下積み生活を送っていました。 ある夜、カフェで好みの女のコに声を掛けたたのに無視されたので、気を引こうとカフェのイスに乗り悪ふざけをしたため警察のお世話になってしまい一晩、留置所で過ごすことになったのです。そこで会ったのがこの歌の主人公のボージャングルス。
ただし本当に名前がボージャングルスであったかは不明です。が、彼はこの歌の歌詞の通りに犬を連れて芸をするボードビリアンだったのは本当です。

ジェリー・ジェフ・ウォーカーは留置所であったこの男をテーマにして歌を作り、彼のバンドとともに歌っていたのですが、ニューヨークで(彼はもともとニューヨーク出身)友人の歌手デビッド・ブロンバーグとともに、その友人ボブ・ファスという人がDJをしてるラジオ番組に出演、このミスター・ボージャングルズを披露。
ファスはこの歌が気に入り、自分の番組で何度となくかけ少しずつ反響が出てきたのでした。

そのうちレコード化の話が出てアトランティックからジェリーとデビッドのデュオでレコーディング、別の歌手も吹き込み共作となりますが、マイナーなヒットで終わりました。
これをニッティ・グリッティ・ダート・バンドが1970年に出した『アンクル・チャーリー』に収録、シングル盤として発売されビルボード第9位にまでランクされる、彼らの名前を知らしめるヒットとなったのです。
by なつメロ英語
.02 2010 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/692-70fc0a73

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。