| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第48夜:今宵の一枚 〔グレース・ダヴィッドソン〕

e0046190_20431785.jpg  e0046190_2111829_convert_20081106174637.jpg
〔グレース・ダヴィッドソン~ポートレート〕

ビンゲン: めでたし、気高き方
レーオ: 幸いなるかな女王
マンチーニ: Quanto dolce e quell'ardore
J.S.バッハ: 復活祭オラトリオより
ダウランド: 彼の金髪も時が銀色に変えてしまった
パーセル: メアリー女王の誕生日のためのオード《来たれ、汝ら芸術の子》より
コジェルフ: Sola digna tu fuisti
モーツァルト: モテット《踊れ、喜べ、幸いなる魂よ》 K.165
【演奏】
グレース・ダヴィッドソン(ソプラノ)
フィオーリ・ムジカーリ

スペインのグロッサ(Glossa)からリリースされている録音が高評価を集めている。
マイケル・ヌーン&アンサンブル・プラス・ウルトラの中心メンバーであり、
シックスティーン、テネブレ、モンテヴェルディ合唱団、ポリフォニー、イングリッシュ・コンソート、
エクス・カシドラといった世界に名立たる演奏団体でメンバー、ソリストとして
目覚しい活躍を見せるイギリスの古楽&バロック・シーンに現れた
美しき新星グレース・ダヴィッドソン。メトロノーム・レーベルから登場する初のソロ・アルバム。

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン、レーオ、マンチーニ、J.S.バッハ、ダウランド、パーセル、コジェルフ
最後がモーツアルト。
1枚で700年を駈けるという内容である。
グレース・ダヴィッドソンの透明感のある澄んだ歌声が素晴らしい!
.06 2008 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/71-0ccdaa1c

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。