| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第920夜〔La clemenza di Tito〕

〔La clemenza di Tito-Ouverture〕
モーツァルト作曲:歌劇『皇帝ティートの慈悲-序曲』 K.621 (1791)
Nikolaus Harnoncourt(アーノンクール)/ Wiener Philharmoniker
『皇帝ティートの慈悲』(La clemenza di Tito)K.621は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したオペラ。1791年9月6日にプラハで初演された。実在したローマ皇帝ティトゥス(ティートはイタリア語読み)を描く。台本は、メタスタージオによる原作をザクセン公国の宮廷詩人カテリーノ・マッツォーラが改作したものによる。『魔笛』とともに、モーツァルトの死の年に作られたオペラである。
今宵の『皇帝ティートの慈悲』は、モーツァルトの晩年の作品の中では最も演奏頻度の低く、失敗作と評価されてきたが、私はこの〔序曲〕は素晴らしいと思っている。
.03 2011 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/726-7b63cb9a

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。