| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第745夜〔カンタータ第61番『いざ来たれ、異教徒の救い主よ』〕

〔Nun komm, der Heiden Heiland BWV61〕
カンタータ第61番『いざ来たれ、異教徒の救い主よ』BWV.61
第5曲 アリア『開け、わが心よ』(Oeffne dich, mein ganzes Herze)

1714年12月22日の待降節第1週の礼拝のために作曲した教会カンタータ。
全6曲からなり、地味なオーケストレーションではあるが、ヴァイマル時代の代表曲として、教会暦の冒頭を飾る曲として演奏機会が多い作品である。
曲は、ソプラノとテノール、バスの独唱に合唱、弦楽合奏と通奏低音からなる。
フランス風序曲に始まり、ルターのコラール「いざ来ませ、異邦人の救い主よ」を組みこんだ、「序曲」と題された合唱曲で始まる。
.24 2010 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/786-b57336f4

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。