| トップページ | 全記事一覧 現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第834夜〔ディック・フランシス〕

今宵は、2010年に2月に逝去した、作家ディック・フランシスを取り上げる。
ディック・フランシス(Dick Francis)1920年~2010年2月14日)イギリスの小説家、障害競走の元騎手である。イギリスのウェールズで生まれ、1953年から1954年のシーズンでイギリスの障害競馬においてリーディングジョッキーになる(当時平地で活躍していたゴードン・リチャーズと並ぶイギリスのスター騎手であった)。また、1953年から1957年にかけてクイーンマザー(エリザベス王太后)の専属騎手を務める。
1957年に騎手を引退したのち、新聞記者、そして作家となり推理小説を執筆して英国推理作家協会賞(CWA賞)やアメリカ探偵作家クラブ賞のエドガー賞長編賞を受賞した。また、英国推理作家協会の会長を勤めた。
2000年に妻であり、執筆の協力者であったメアリー・フランシスが死去してから長い間作品を発表していなかったが2006年に息子・フェリックスを協力者としてUnder Orders(邦題「再起」)を発表した。
2010年2月14日、逝去(享年89)。

ディック・フランシスの作品がこれ程までに日本で成功を収めたのは、作品そのものの素晴らしさによるものが大きいが、菊池の卓越した翻訳によるところも大きかった。菊池が逝去した際には、フランシス本人が「ミステリマガジン2006年11月号」誌において、「才能に寄せた信頼」と題する追悼文を、わざわざ捧げているほどである。

競馬界を舞台に毎回異なる主人公が登場するが、複数作品に登場する主人公は、シッド・ハレーの”大穴””利腕” ”敵手””再起”の4作とキット・フィールディングの”侵入””連闘”2作のみ。だが、年齢、職業、出身階層は違っても、ほぼ全員が性格面は同一人物で、魅力的な主人公が登場する。

1962年 本命 Dead Cert(1968年)  1964年 度胸 Nerve (1968年)
1965年 興奮 For Kicks(1976年)  1965年 大穴 Odds Against (1967年)
1966年 飛越 Flying Finish(1976年) 1967年 血統 Blood Sport (1969年)
1968年 罰金 Forfeit(1977年)  1969年 査問 Enquiry (1970年)
1970年 混戦 Rat Race(1971年)  1971年 骨折 Bonecrack (1978年)
1972年 煙幕 Smokescreen(1973年) 1973年 暴走 Slayride (1974年)
1974年 転倒 Knockdown(1975年)  1975年 重賞 High Stakes (1976年)
1976年 追込 In the Frame(1982年) 1977年 障害 Risk (1982年)
1978年 試走 Trial Run(1984年)  1979年 利腕 Whip Hand (1985年)
1980年 反射 Reflex(1986年)  1981年 配当 Twice Shy (1983年)
1982年 名門 Banker(1988年)  1983年 奪回 The Danger (1989年)
1984年 証拠 Proof (1985年)  1985年 侵入 Break In (1991年)
1986年 連闘 Bolt (1992年)  1987年 黄金 Hot Money (1993年)
1988年 横断 The Edge(1989年)  1989年 直線 Straight (1990年)
1990年 標的 Longshot(1996年)  1991年 帰還 Comeback (1992年)
1992年 密輸 Driving Force(1998年)1993年 決着 Decider (1994年)
1994年 告解 Wild Horses (1995年)1995年 敵手 Come to Grief (1996年)
1996年 不屈 To the Hilt (1997年)1997年 騎乗 10 LB. Penalty (2003年)
1998年 出走 Field of Thirteen (1999年)
競馬シリーズ37作目は短編集。「ブライト・ホワイト・スター」をはじめ、短篇デビュー作である「強襲」、ラスト一行の衝撃が秀逸な「悪夢」など、長篇とは一味違う魅力の短篇作品を収録。さらに、本書のための書き下ろし五篇を加えた全十三篇で贈る、深い余韻を残す珠玉の短篇集。
キングダム・ヒル競馬場の略奪/レッド/モナに捧げる歌/ブライト・ホワイト・スター/衝突/悪夢/強襲/特種/春の憂鬱/ブラインド・チャンス/迷路/敗者ばかりの日/波紋
1999年 烈風 Second Wind(2000年) 2000年 勝利 Shattered (2001年)
2006年 再起 Under Orders(2006年12月)2007年 祝宴 Dead Heat (2007年12月)
2008年 審判 Silks(2008年12月) 2009年 拮抗 Even Money (2010年1月)
2010年 矜持 Crossfire(2011年1月)
.25 2011 未分類 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wine2008.blog7.fc2.com/tb.php/857-c93939eb

最新記事

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。